スネイリーママの子育て いきつもどりつ

ダウン症持ち長男と年子の次男。毎日の育児のドタバタから運営する福祉グッズショップ「スネイリーズ」のことなど
子ども達が小さかった頃のブログも統一しました

***イベント出展情報***
2019.2.3(日)横浜市緑区民文化センターみどりアートパーク
『鈴木より子の歌声のおもちゃ箱』会場にて。
*事前申し込みが必要です。申し込み方法はこちらから↓
https://www.m-artpark.com/event/20181122182717.html

2018年08月

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます✨


今日はぐっと涼しい朝を迎えて、なんだか急に秋の気配を感じています。
まぁ、実際にはそれほど低いわけではないのですが、連日の猛暑、朝から30℃超えの気候に身体が慣れていて…って人間の順応性って怖いですね💦


さて、スネイリーズからのお知らせです。


お弁当包みのセット販売を始めました🎉
おにぎりきなりイメージ

Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村




昨年「サンキュ!」で掲載されて、幼児でも包めるとご好評頂いた
「脳を育てるあづま袋」と
エジソン箸など二本箸への移行中に重宝する
「練習箸も入るカトラリーケース」
を個別に買うよりお安いセット価格でご提供します。


そして!


今月末までBASEアプリでは今月末まで真夏のナイトセールを開催中。

スネイリーズでは、この「お弁当セット」をエントリー!

お得なセットを更におトクにお求めできます。

しかもこのセール期間中、アプリでは日替りクーポン(最大15%オフ‼️)が配信されています。

クーポン利用でお得❌おトク価格から更にディスカウントでご購入頂けるチャンスです✨


アプリのダウンロードはこちらからどうぞ↓↓↓↓

今ならBASEよりアプリダウンロード記念初回限定10%オフクーポンも貰える筈です。

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=snailys-theshop-jp&follow=true



こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


夏休み。
うちの子ども達は、『家付き』なもので、一緒に出掛けるか家にいるかどちらか。
子どもだけで遊びに行くことも無く、母子濃厚な時間を過ごしております


さて、秋はバディーウォークの季節!
InstagramやFacebookで告知して(このブログのメッセージボード部分にも記載して)いますが、今年初めてスネイリーズは各地(というのは大げさかも?)のバディーウォークにお邪魔することにしました!

今日は宿探しで一日が終わりました・・・
ちょっと前にいくつかピックアップ&予約してはいたのですが、重なるとなかなかな金額なもので・・・。
もう少し易くならないものかと探していたら・・・あっという間に数時間。
何しろ土地勘が無いので、どの位の距離の宿がいいのやら・・・。
そして、三連休中の開催の京都と仙台、時既に遅し・・・って感じで予約がいっぱい。


でもね。
ホテル探しって楽しいですよね



ということで、まずは京都。
9月23日です。


そして、仙台。
10月7日です。



そして最後は大阪。
10月28日です。
(こちらは、販売無しでご紹介のみです)
大阪バディウォーク


お会いできるのを楽しみにしております♡


Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村




こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


高等部進学のための手続き。
順当に学区内への高等部へ進学する場合、学校との面談の時点で願書が貰えます。
11415959


友人ママの話を総合すると、特別支援学校中等部から進学する生徒のスケジュールと、中学校特別支援学級から進学する生徒のスケジュールは分けられているようです。
まず、特別支援学級が先で、中学部からの生徒の面談は夏休み明けから始まるようです。
(実は学校説明会の日程から既に分けられていました)


さて。


我が家のように学区外の学校への進学を希望する場合。
4月の入学式までに「学区内に居住している」という証明が必要になります。


先日の面談では、そこの説明と必要書類、タイムスケジュールの確認をしてきました。


教育委員会が定める出願前までに必要な提出書類はふたつ。
転居に関する申立書ーー様式が決まっています。
○転居を証明する書類ーー建築確認通知書(自分の家を建てる場合)、契約書の写し(賃貸の場合ー我が家はこれ)、などなど。

そして、入学許可予定者となってから住民票記載事項証明書というものを提出。



入学までの事務処理スケジュールは、

1.家を探して契約する
  ↓
2.契約書(オリジナル)を持って中学の担任に見せ、コピーを取って貰う
  ↓
3.中学校経由で高等部に書類を提出し、高等部が教育委員会の審査・許可を貰う。

  ↓
4.(許可が出た連絡を貰ったら高等部に赴き)願書を貰う。
  ↓
5.願書に記入したあと中学の担任に必要事項を記入して貰う。
  ↓
6.高等部に出願。
  ↓
7.入学相談(学力・運動検査、面接)
  ↓
8.入学許可予定者発表
  ↓
9.住民票記載事項証明書提出
  ↓
10.入学説明会
  ↓
11.入学
 

という流れ。

イタリック部分が学区外に現在居住している場合の動き。


因みに、B校の場合、7月と10月のどちらかに半日体験入学があります。(A校は体験入学はありません)


そして。

万一、上記必要書類が期日(出願期日)までに揃えられない場合ーーつまり、引っ越し先が見つからなかった場合ーー浪人になってしまうそうです!
現在居住している学区のA校にも入れて貰えないそうです


ところで。
一般的な特別支援学校普通科とは別に、職能開発科、職業技術科の学校があります。
卒業後の生徒100%一般就労を目指す学校です。
もしもそちらを受験する場合は、普通科よりも早めの受験、発表スケジュールが組まれています。


職能開発科の説明会に行った話はまた別の機会に。


これから引っ越し先探し、始まります。(ちょっとワクワクしてるけど~~


最後まで読んでくださりありがとうございます。
↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村






数あるブログの中からこちらにおいでくださりありがとうございます。


43歳初産で授かった長男は、ダウン症持ちでした。
毎日毎日、目先の生活にあたふたしながら気がつけば早15年。



ダウン症の歴史って…。
そりゃあ、人類が生まれてから一定の割合では生まれてきていたはずで。
どこかの国では「神様」として扱われていたところもあったようです。


「ダウン症候群」という名前が付けられたのは、ご存じダウン医師の論文(1866年)からなわけで、染色体が原因だと分かったのは たかだか60年ほど前(1959年) のことなんですよね。


そして。


早期療育が発育に有効だってわかってから、まだ 30年?程度しかたっていません。


だから。


今ダウン症児を育てている方たちに言いたいのは
「今、私たちの子どもが 新しいデータをつくっている」
ということ。


本で得る知識と、私の周りのダウン症のお子さんとでギャップを感じることがあります。
みんなもう少し発達いいけど…?
更に息子の小さいころより今の赤ちゃんの方が発達がよい気もします。


ネット上の情報の中にはまことしやかな誤情報も散見されます。
告知されたばかりで不安なご家族が惑わされないためにも、このブログが多少なりともお役に立てたらいいな、と考えています。


このブログは、長男が9歳の頃から始めた「育つ育てる ダウン症キッズ」とその後の「いきつもどりつ夢ふたつ」、そしてスネイリーズを始めてからの「スネイリーママの あんなこと こんなこと」をまとめたものです。
記事の初めの頃から比較しても世の中は変わってきています。


私はといえば、これから成人に向かう長男を取り巻く環境を、よりよい方向に変えていきたいと考えています。


子育て、いろいろと不安は尽きないかもしれませんが、お互いにあんまり悲観せず希望を持って子育てしていきましょう。




こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


長男の高等部選びの続きです。
長男の進学先に、学区外の学校を希望すると決めたとはいえ。
都の教育委員会が学区制を採っている以上、学区外の学校との面談は希望すれば直ぐできる、という訳ではありません。


何はともあれ、まず学区の学校との面談が必要


過去には「越境通学をした」という先輩の話を聞いたりしていたのですが、教育委員会に直接電話してみても「まずは学区の学校と相談して。」
中学の担任からも、見学先の支援学校(A校&B校)からも「いじめなど、どうしようも無い理由に限って教育委員会と相談の上」と。
まぁ、我が家みたいな例は、認められないパターンですね。
たとえ子どもの成長のためであっても、ね。


そんな状況を理解しつつ、通常の進学スケジュールに則って高等部進学の手続きが始まりました。
まず、通学している中学校経由で学区のA特別支援学校より面談の希望依頼書が届き、その後決定した予定日が提示されました。
それが7月の半ば。


当日、長男同伴の上、A特別支援学校を訪問。



個室に通され、担当の先生二人と面談です。
面談に際し、面談書類に名前と住所等を記載します。


これが。
長男が書かなくてはならない、という・・・(かけない人はいいそうですが)


そんなの聞いてないし
まぁ、名前は金釘流で書きましたが。
他に生年月日と年齢位までかな。
住所・保護者氏名は私が書くことにしてしまいました。


そして、いよいよ面談。
というところで、先に私の方から「引っ越しを前提に学区外のB校に進学したい。」と相談。



すると、担当の先生が即、「副校長に相談してきます。」
暫くして戻ってくると、「副校長の許可が下りたのでA校との面談はこれで終わり、中学の先生を経由してB校との面談を設定してください。」とのことになりました。


時間にしておよそ10分程度。
電車とバス乗り継いでいったのに・・・なんて
こういう希望&変更を電話一本でできないところが公的機関、しかたないですね。


さて。


それから2日後に(A校から連絡を受けた)中学の担任から「B校に電話して面談の日程を調整してください。」と連絡を頂き、即電話。
その場で面談日を決定しました。
それが先週のこと。


B校との面談、学校に行く前から長男に「今度は自分で住所も書こうね。」なんて言っていたのですが。


学校によって面談の形式が違う!!


担当の先生二人と個室で面談、というところは同じなのですが。
A校で息子が名前を書いた書類(記憶があやふやだけど多分同じフォーマット)は、私(保護者)が生徒の名前も住所も全て記載。


だけど!!


私がその書類を書いているのと同時に、長男には「筆記テスト」が渡されました~~


まさか、学校によってこんなに違うとは。
担当者の一人の先生は、私と面談。
横でもうひとりの先生が息子のテストを指示&見守り。


受験テストでは無いので、多分クラス分け前提のざっくりした資料という位置付けだと思いますが。
内容は、国語プリント、裏に 数学プリント(算数?)、ビーズ分けの作業
(横で私は先生と話をしていたので数学プリントは記憶間違えかもしれません・・・。)


いきなりプリントを渡された長男も絶句していました


横目でチラッと目に入った範囲での国語の出題内容は。
漢字の読み書き、文章題(?)として「挨拶の言葉は何ですか?知っているものを全部書きましょう。」、「お手伝いはしますか?どんなお手伝いをしていますか?」


作業は、いくつかのビーズを渡されて、それぞれの色のボックスに仕分けするというものの様でした。
13303958


そして最後に口頭質問。(右は長男の応え)

1.高等部では何を頑張りたいですか?       「・・・・・・。」
2.仲良しのお友達がいますか?          「やっぱ、○○ちゃんと○○ちゃんかな。」
3.高等部を出たらどんなお仕事をしたいですか?  「・・・会社かな。」
4.こういうお友達が同じクラスだったら嫌だなっていう人はいますか? 「ん~、別に。」

もう、親としてはハラハラ、ドキドキでした
1番の問いに対しての沈黙の長いこと長いこと・・・。学校嫌いなのを知っているだけに
そして、タメ口
横から口出すべきでは無いと思いつつ、ついつい注釈や翻訳をしてしまいました。
発見は、「会社勤めをしたい。」と思っていたということ! てっきり芸人希望かと思っていました


と、まぁ、こんなびっくりどっきりの面談でした。


後日、A校の方に進学予定のお友達ママに伺ったところ、A校でも口頭質問は同じ内容だったようです。筆記テストは無かったそうです。



因みに漢字テスト。
一石二鳥を いっせきにとり って書いてた~
他にも突っ込みどころ満載の答えを書いていて、ホント普段の勉強を学校任せにしていたことを後悔

学区外進学希望の場合の手続きについては明日。



最後まで読んでくださりありがとうございます。
↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村




 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


連日の35度超え、暑い・・・最早「熱い」ですね。
ただでさえ体調を壊しやすいこの温度、それに加えて今朝ニュースではヘルパンギーナの大流行を話題にしていました。
小さいお子さんをお持ちの方は、気が休まらないですね・・・


さて。


現在中学3年の長男。
進学先の高等部を決定、面談の季節です。
17415666


現在居住している地域の特別支援学校は都立なので、学区制となっています。


ただ、我が家のある地域は学区の端っこ。
通っている中学の支援級からは二ヶ所の特別支援学校高等部に進学先が分かれます。


そういった関係から、昨年度から双方の学校を見学してきました(まぁ、学区が決まっているし何となく、でしたが)


ただこれが。


意外と学校のカラーってありまして。
何というか、隣の学区のB校の方が子ども達がのんびりしているというか、先生との距離が近い雰囲気があるというか・・・。
寄り添ってる感があるのですよ。


で、今年の春の見学でもよーくその辺を見てみたのですが、やっぱり子どもの雰囲気、目の力が違う。
その分、学校っぽいと言うか規律がしっかりしている感じというか。
卒業後の就労率など数値的結果を見ると、学区のA校の方が確かに好成績なんです。
なんですが、子どもの目の力は・・・。
やらされ感があるというか、なんだかわからないけどやれって言われたから・・・的に私には感じられてしまって。


A校B校どちらも一長一短。
いや、ダウン症の子どもの就労先を考えたら一般就労をする率はとても低いので、どちらの学校でも同じかも・・・?
とも、思いつつ。



それと、学校の雰囲気に劣らず重要な理由のひとつが登校経路。


学区の学校は、電車+バス。
隣の学区の学校は、電車+電車(乗り換えって事です)


実は長男、マイペースすぎて、時間感覚が身についていません。
中学にはバスで通学しているのですが、バスの時間に遅れても気にしない。
そもそもバスの時間が早かったり遅かったり読めない部分がありますが。


本人、小学校からのトラウマで時計が大嫌い(強度の乱視なので秒針が読みにくい)。
中学入学時に買った腕時計も机の飾り。
朝起きて、ご飯食べて着替えて家を出る。
そのルーティンをこなしているだけだから、家を出る時間に頓着していません。
どれだけ口を酸っぱくして私が急かしても、思春期の現在は逆効果なだけだったり
だから、用意ができたら家を出て、バス停に来たバスに乗って登校しているだけなので、予定のバスに乗り遅れていても気にしない。
早足で行けば間に合うのに・・・とこちらがやきもきしても私のストレスが増えるだけ、という感じ。


でも。
この先の人生を考えたら『時間にルーズ』は致命的です。(そうはいってもいづれは就労を目指して欲しいしね。)
高等部に行っても『遅刻慣れ』されては困ります。



その点、優秀な日本の鉄道事情、本人理由にせよ鉄道トラブルにせよ「遅れた」がわかりやすい。
ホームの到着電車の表示を見ることで、時間の感覚が嫌でも身につくかと。
それに基本的に「遅れにくい=遅刻しにくい」ことが結果的に「遅刻しない習慣」になる筈。



仲の良いダウン症の友人達はA校に進学する方向なのですが、幸い同じクラスの友達の半数は隣の学区のB校だし、本人も「いいよ」ということで。


結局、隣の学区の学校に通えるように引っ越す方向にしました。


まぁ、私自身がそろそろ引っ越しをしたい、という別の理由もあるのですが



ということで、みんなとは遅れて夏休みに入ってからB校との面談へ。
その話は、明日。



最後まで読んでくださりありがとうございます。
↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ

人気ブログランキング