こんにちは。
ダウン症児のための通園・通学グッズのスネイリーズ オーナーのふくだです。

今日は、家族で sweet factoryさんのダウン症のある方々と共に創るプロジェクト第三回公演「継承~the succesion~」を観に行ってきました。

image


びっくり、本格アクション劇です。
時代は清朝末期、功夫の師匠と弟子たちの物語。
『真の強さとは・・・』

正直、ダウン症の方々があれほどのスピードのある動きとアクションをこなせるとは思っていませんでした。

―思い込んでいる「アタリマエ」を覆す―
公演のチラシに乗っている文言ですが、本当に、覆されました。

その動きの強さ、速さ、キレ。
低筋緊張という特色を持つダウン症持ちの人であっても、訓練次第であのような動きができるということ。
ただ、ただ感動しました。
日々の練習の賜物でしょうし、それは私たち健常者よりもずっとずっと努力と忍耐が必要だったのではないでしょうか。
私にはとうてい真似できません。


もちろん、ストーリーも面白かったです。
あっという間のおよそ2時間。
お芝居の異空間、日常を忘れますね。

公演は今日が最終日でしたが、ハンディキャップを持っていてもやりたいことをやる、遜色なくやれるという証明。
是非これからも続けて行ってもらいたい公演でした。

sweet factoryのFacebookページはこちら