こんにちは。
ダウン症児向けの通園・通学グッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。
おいでくださりありがとうございます。

今までリンクをうまく利用できていなかったスネイリーズのオフィシャルFacebookページ、この画像から飛べるようになりました。

こちらは、ベビー用のシューズケースです。

歩行訓練に持って行く靴を入れていくためにデザインしました。


ダウン症持ちの息子が初めての一歩を踏み出したのは、丁度2歳のお誕生日の一週間後でした。
低筋緊張だと歩き出すのがゆっくり目。
子どもそれぞれの成長ペースだとわかっていても、やきもきするもの。
 
ある程度筋力が育ったところで始まる歩行訓練。
初期段階では「靴を履く」という行為に慣れるところからの出発。
たいていはハイカットのシューズで、デザインはかわいいけれど嵩張ります。
療育施設への道中から履かせる、というよりは親が持って歩くほうが多いものですよね。
歩くわけでもないのに持って行かなくてはいけない微妙な立ち位置にいる靴。
靴のせいじゃないけどf^^;)

「いつ歩くようになるのかなぁ。」 
なんて不安を抱えながらの療育が、少しでも気分が上がりますように。 
そんな気持ちを込めて、可愛いめのトートバッグに仕立てました。
これならベビーカーにぶら下げることも可能です。

表と裏とで表情が違う布を使用しています。
是非ショップをのぞいてみてください。
ベビーシューズ用シューズケース「はじめのいっぽ」はこちらから。