こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


もはや我が家の年間恒例行事と化した、ヤングアメリカンズ アウトリーチコンサート。
今期も行ってまいりました。
image
image

ヤングアメリカンズ アウトリーチコンサート。
簡単に言ってしまえば、若いアメリカ人のグループがやってきて子どもたちに歌や踊りを教えてくれて、ショーに仕上げて披露してくれる、というもの。(ものすごーくザックリしていうと、ですf^^;))
正直、ひと言では表せません。
応募した200名を超える子どもたち(小学生から高校生まで)をわずか3日のうちにダンスと歌を教えて、3日目の夜に1時間弱のショーの形までもっていきます。
一度参加すると病みつきになってしまいます。

指導は基本英語。それをチームの一員として来日した日本人キャストが通訳してくれながら進みます。
初日、午後5時に集合した子どもたちはいきなりダンス!ダンス!ダンス!
見よう見まねで始まるダンスの振り付けが、ショーで披露するダンスの一部になっていきます。
image
 
とにかく、楽しむ!
まずそこから。
そして、自分を表現する。

「ジブンにハクシュー(拍手)!!」 
一つの曲・課題(ダンスだったり歌だったり)を終えるたびに指導するヤングアメリカン(キャスト)から声がかかります。

自分を信じて。
自分を出して。

どんな自分でもOK。
今を大事に精いっぱい。

そんな感じ。

舞台やほかのエリア、ホワイエへの移動はすべてダッシュ!
みんなの集中力はすごいです。

おやつタイムをはさみながら、集中力を切らさないまま、3日間怒涛のように過ぎていきます。

どんな雰囲気かは、こちらのFBページでご覧になれます。
 
長男は、今年は中高生のグループに。
さすがに皆さん大人だし、大きいし。
あらかじめ事務局に連絡して 補助スタッフ(キャストの一員)がついてもらえるようにしましたが、今年は割とべったりついてくれてなくて長男には厳しい部分がありました。
でも、中高生の男子にしか許されない力強い振付を頑張って演じていました。
(ライオンキングのスティックは頑張った♡)←見たことある人しかわからない表現でごめんなさい。

一方の次男は、学校で同じクラスの友人2人と毎年一緒に参加。 
それぞれが、それぞれの持ち味を発揮して楽しんでいました。
受験でしばらくダンスから遠ざかっていた次男。
「全身筋肉痛で、もはや拷問~~~!」と家では言いつつも、ステージではキレッキレのダンスを踊っていました。
本人曰く、 「無になってストレス発散できた~‼」

本番のショーは撮影禁止なので画像をお見せできないのが残念です。

最後にホールを出たところでパチリ!(長男は帰り支度 f^^;)
BlogPaint
 

Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/

↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
 

↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。


ダウン症児育児ランキング
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村