プレスクールに入っていたとは言え、入園が出来るか不安だったのですが、特に問題もなく無事入園が決まりました。
通常はプレスクールの先生がそのまま担任になるのですが、たまたまその先生が退職されることとなり、長男のクラスはベテランの先生(最古参の独身先生:後で私と同い年と判明)が担任になりました。

長男が通った幼稚園は、基本的に3年間クラス替えも担任替えもありません。
そういったことも、ハンディがある息子には安心かな、と思った次第です。

入園前に、長男について、A4用紙2枚程度の書類を作成して担任の先生に渡しました。
(手元にないので記憶に頼るしかないのですが)内容は、
1.生活状態:
  トイレについて―声掛けと一緒に連れて行ってもらうことは必要
  着替えについて―時間がかかる
  など

2.言葉について:
  父のことを「トト」(懐かしい!)などと発語しやすいように言い換えたり、ことばを短縮し
  て使用しているものや発音の難しさから聞く方からは音が欠落して聞
  こえる単語などの例。
  マカトンサインの有効性とその使用例(図入り)

3.普段の行動の傾向:
  「あ゛~」と赤ちゃんの頃からの喃語を発することがあるが、その時は
  「何かを訴えたい時」もしくは「眠い時」であること
  など

手渡す時に補足説明も行いました。

が・・・。

園長の信頼厚い「ベテラン」先生は、それなりのプライドもお持ちで。
「大丈夫です。お任せ下さい。」

ということで。

あの書類は、保育に有効活用された形跡はありませんでした(涙)

幼稚園は園長の方針で、担任は自分の裁量で自由に保育できる園でした。

また、プレスクール申込みの時にダウン症について理解があった事務長は直接保育にはかかわっていませんでした。

これが、
実際入園してみなくてはわからなかった現実
です。(プレスクールに入っていてもわからなかった)


なお、オムツは春休み中にギリギリ外せていましたが、担任の先生の意向で、他の園児の状態が落ち着くまで(長男ばかりにかまっていられない為)、「オムツを念のためつけておいて欲しい」とのことで、5月いっぱいか夏休み前までだったか、オムツを着用した記憶があります。

また、その際濡れていても変えてもらった形跡はありませんでした。

一方でパンツでの登園になってからは、しっかりとトイレに連れて行かれていたらしく汚れ物を持ち帰ることは無かったです。

但し完全にトイレ時間を管理されていたので「自発的に行く」ということは身に付きませんでした。
なので年中、年長になってからの方が「ちびりパンツ」の持ち帰りがありました。



*手指の操作が苦手な子供用の手作り幼稚園グッズ販売しております。
http://snailys.theshop.jp/
スネイリーズQRコード
スネイリーズロゴ


  
↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村