夏休みです。

毎日の生活習慣、子ども達も低学年の時とは違って、「長期休み」ということが解っているだけに「待ってました」とお休みモード。

でも夏季学習講座はあるし、プールもあるし…気を抜かれると時間に間に合いません。

特に長男。

日頃からのんびり屋なので、つい私も時間を気にしてガミガミ。

夏休み初っ端から口うるさくしていたら、長男も「言うな!」と口ごたえする始末。

先が思いやられるので…。

今更ながら、「課題の可視化」を試してみることにしました。

療育施設で使っていたような、課題の絵カードが順番に並んでいて終わったらボックスにしまう、というようなタスクリストです。

さすがに小学生なので、絵カードは無しで。
snap_haruzemi_20147501925.jpg

収納スペースのスチールの扉に、マグネット式のホワイトボードでリストアップ。

情けないですが、「歯を磨く」など生活のキホンの部分です。

ホワイトボードが小さいサイズしか売っていなかったので、はみ出る部分(というか更に買うのをケチった)は、扉に画材のマスキングシート(ビニールの粘着シートで、素材を傷つけずに何度でも剥がす事が出来るのでいろんなところに流用しています)を貼ってその上から直書きしてしまいました。

次男が見て「ぼくも!」 というので兄弟仲良く。

これが。

すごく効果的。

兄弟それぞれ(競って?)、自発的に着々と支度をするようになりました。

あの、食後の歯磨きを嫌がり理屈をこねていた長男が、私が口を出す前にさっさとタスク完了。


心底びっくりしてしまいました。


療育施設で習った、あの絵カードをつかったタスクリスト。

正直、言葉の指示で動けるようになってからは必要ないと思っていました。

それが。

自分で考え自己主張するようになってきた長男にとって、人からの指図ではなく「自分の判断でタスクをこなす」ということが目に見える、このリストはモチベーションアップにかなり有効だったようです。

使い始めて3日目。

今のところ、支度の時間も半減で私も横から口を出す必要もなく、ストレス激減でとてもハッピーです。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ