こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

今日は、スネイリーズオフィシャルブログと同じ内容です。
その前の幼稚園さがしの記事(スネイリーズへようこそ)からの流れになっています。


息子が晴れて幼稚園に入園して。

「ほかのお子様と同じように」

保護者としては、「同じ」=「差別がない」と考えてしまいます。

もちろん、入園を許可していただいた訳なので原則「差別」はありません。


でも、同時に。

「ほかのお子様と同じように」

特別な配慮も、無い


いえ、厳密に言えば配慮はされていたのですが。

こちら側、即ち「子どもの状態 に合わせた配慮」が無い、というか。


この辺り、非常に難しいです。

配慮、いわゆる優遇とは違います。

でも個人に合わせた配慮=優遇だと考える方もいます

本当は全く意味が違うのだけれど。



そして、よしんば配慮があったとして。

ハンディキャップがある子どもたち、みんなそれぞれです。

「以前のお子さんにはこうやりました。」といわれても。

うちの子どもに適しているとは限りません



くわえて年少さんともなると健常児ですら月齢差の違い、1年近い違いは先生方の負担も大きいです。


そんな時、保護者と園とのコミュニケーションがとても大事なことは言うまでもないのですが。


要望ばかりでは現実問題として無理があります。


保護者としてできること。


我が子がなるべくみんなと同じように「ひとりでできる」サポートヒントを園にお伝えする。


保護者が横について介助するのではなく。(それじゃ、意味ないですものね。)



声掛けのヒント。

気を向けさせるヒント。

補助する場合のヒント。


私は、当時使っていたマカトンサインも含めて、図入り(絵入り)の物をA4サイズの紙2枚ほどにまとめて園に出しました。
(幼稚園選びの過去記事はこちらから)


それに加えて。


子どもが「ひとりでできる」サポートグッズを園で使用することを認めてもらう


そうやって使ったもののひとつが簡単に出し入れできるマジックテープ使いの上履き入れ。

先生の手を煩わせずに、自分の力でなんとか時間内に作業できていました。

「じぶんでできる」は自己肯定感も育てますしね。

何度かリサイズしながら現在でも使い続けています。

何より市販の物より扱いが簡単なもので・・・(*^^*)



スネイリーズでは
専門家によりブラッシュアップしたものをご提供しています。
今からなら入園までに充分練習ができます。
ひとつひとつ手作りしていますので、数に限りがございます。
注文が込み合いますと納にお時間を頂く場合がございます。
お早目にどうぞ。

ブルーS
ショップへはこちらからもどうぞ↓
スネイリーズロゴ

↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村