こんにちは。

今朝、長男のリュック(学校鞄)からおもちゃ(?)のマイクが出てきました。

「これ、どうしたの?」の問いに「もらった。」「捨てる」と。


貰ったばかりで捨てる?

怪しすぎます。

長男は私の手のマイクを奪ってゴミ箱に捨てようとするのを阻止したら、そのまま弟の部屋へ。
戻ってきたら手ぶら。


北風と太陽みたいなもので、こちらが強行になると余計こじれるから少しの時間クールダウン。

もう、この時点で遅刻確定😭

けど、絶対怪しい。


自分の子どものいうこと、信じないの?って内なる声が聞こえるけれど。
そしてまた、支援が必要な子ども達って「頂戴!」って言ったら「いいよ!」ってこたえちゃえものだけど😅


でもね、「捨てる」は証拠隠滅だよね。

朝の支度が済んでから、もう一度、聞いてみる。

「誰に貰ったの?先生?お友達?」
「〇〇さん」

「ふうん。じゃあ、なんで捨てるの?」

おもむろに、マイクのスイッチをONにして、ヘッド部分を指でトントン。
「ね?! 壊れてるから」と。

まぁ、そりゃ音は出ないですわ。

「スピーカーと繋げてないからね」

今の玩具ってすごく精巧に作られてるから見分けつかない💦
これが玩具なら、例えば電池を入れたら音は出るかも?
軽いから玩具だと思うけど…。


ま、取り敢えず息子には「うちではゴミとして捨てたくないから、〇〇さんに返して捨ててもらって。」と言い、袋に入れてリュックに戻しました。


本人の表情から伺うに、やっぱり怪しいなぁ。


ってことで、連絡帳にも経緯を記載。
あとは先生におまかせ。
お友達との関係性もみえないし、状況は先生の方がきっとわかるでしょう。


image

長男、直ぐに人のものを欲しがるタイプではありません。
けれど、過去に小学校で一度、中学で二度、お友達(中学の一度は先生のタオル)を持ち帰ったことがありました。

全て私には「貰った」と。
本人の了解を得ない場合は「泥棒」なんだと伝えて来たものの…。
実際、先生以外のお友達は息子には「盗られた」というより、何となく許していたりするのが実情だったりして。
「あげる」と「貸す」の違いも曖昧だったりして😂(時間軸の「未来」って概念がハードル)


遵法意識を育てるのって難しい😢
大袈裟って思われるかもしれないけれど、刑務所にいる累犯者には軽度障がい者が多いっていいます。
つまりそれは、本人の自覚がないまま、的確な支援もないまま、有罪になっているわけで。
子ども同士のこんな些細なことも…親亡き後の危機感に直結するのです。



 


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。


ダウン症児育児ランキング
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村