スネイリーママの子育て いきつもどりつ

ダウン症持ち長男と年子の次男。毎日の育児のドタバタから運営する福祉グッズショップ「スネイリーズ」のことなど
子ども達が小さかった頃のブログも統一しました

***イベント出展情報***
2019.2.3(日)横浜市緑区民文化センターみどりアートパーク
『鈴木より子の歌声のおもちゃ箱』会場にて。
*事前申し込みが必要です。申し込み方法はこちらから↓
https://www.m-artpark.com/event/20181122182717.html

カテゴリ: 子どもたち

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


バディウォーク仙台に出店するため、長男とふたり旅。


普段、学校や放デイなど、問題が起こらないよう周到に用意されたお膳立てに則って行動することが多い長男ですが、私と一緒だと何が起こるかわからない😁


予定にない状況になれば、ちょっとしたドキドキハラハラは起きますね😁
そんな普段とは違った状況で現在の長男を改めて窺い知ることができました。


出たとこ勝負なきらいがある私ですが、さすがにこの前の京都のバディウォークの時みたいに、朝、家を出るのが遅くなってアタフタしたくないので準備万端。


予定時間の1時間近く前に上野駅到着✨
余裕で飲み物買ったりお土産買ったり…としていたところが。


乗車まであと30分ってとこで仙台で人身事故発生。


割りと早い段階で復旧まで1時間かかるというアナウンスが有ったので、落ち着いて居られましたが、待ち時間の長さは早く着いた分だけ長くなり…😅


今回、携帯を入れたヘルプカード付きポーチを持たせていたお陰でクリアした、初めての体験。


その1

復旧を待っている間にトイレに行きたくなった長男。
ホーム上にはトイレは無くて、上の階の待ち合いエリアに有ります。
大きなスーツケース×2を持って移動するのも機動力に欠けるので、長男1人でトイレマークを頼りに行って貰うことにしました。

行くとき、迷子にならないようにね!と声掛したものの、今居る場所がホーム上の何号車辺りかを伝える間もなく(割りと切羽詰まっていたらしい💦)階段を上って行ってしまった長男。


暫くしたら電話が。


「どこ~?」

周りがうるさいし、滑舌ビミョーなので何をいってるのかよくわからないけど、とにかく「◯◯号車のところ!」を連呼😅
どの辺にいるか確認したくてホーム上に停車中の新幹線の何号車辺りにいるのかを訊いたのに「わかった‼️」と、直ぐ切っちゃうし💦


暫くしたら再び電話。
また同じ「お前、どこ~?」(お前って呼ぶな💢)
必死で説明したら、携帯耳に付けたまま(通話しながら)現れました😄


初めての体験を自分で考えて行動、できました✨


その2

予定では仙台に着いてからお昼のつもりが、1時間遅れることを考えて駅弁を購入することにして、今度は私だけがお弁当売り場のあるフロアに移動。
途中、長蛇のトイレなんかに寄ったりしてからお弁当売り場へ。
と、電話が。

「人が電車降りてる!」
訳わからない💦 (因みにこれは上り電車も下りホームを使って乗客を下車させた模様)

兎に角「そこにいて!直ぐ戻るから」と言って、ちょっと並んでお弁当を買っている間に更に二回目着信😅

二回目は「アナウンス聞いた?電車走るって!」と、どうやら復旧の連絡らしい。
お弁当売り場にはそのアナウンスは聞こえてなかったのですが、電話を切った後に放送がきこえてきました。


しっかり場内?アナウンスを聞いて理解できていることを発見しました💡(全てではないかも知れないけど)


お弁当を購入して、長男と合流してからスマホを見たら、他に4回も着信履歴が💦
不安だったのでしょうね😅
よりによって、動きがあるタイミングに私が居なかったし。


荷物を置きざりにしてうろうろせず、堪えて頑張りました。


携帯が有ったから耐えられた部分も有ると思いますが、またひとつ、強くなったかな?
私にとっても、長男の力量を知るいい機会でした☺️


結局、復旧まで40分余りで済み、無事仙台に到着できました。


そして、夜は。


D-smile TOHOKUさんと司会のあべけんたさん父子を交えた打合せお食事会に参加させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。


初めは場所みしりで、むっつりしてた長男。
未だに初めての場所と人は苦手なことを発見💡


幸い、安部お父さんの巧妙な話術にだんだん打ち解けて…最後は普段の姿に😁

PhotoGrid_1538840561105
先輩と後輩に囲まれ…本領発揮?!


素晴らしいご縁に感謝です✨


Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村




こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


昨日、長男とふたりでちょっとしたサイクリングをしてきました。
といっても、目的地はスーパー。


理由は…。


先日来、買って欲しいと長男に頼まれているコーラ。


コーラといえどもいろんな種類がある昨今。
間違えると何かと面倒なので、一緒に買い物に行ったときなどに探すのですが。


長男が「どうしても飲んでみたい」種類は近隣にはどこにもなくて。


売ってるのが確実なのは、家からおよそ2km超の大型スーパー。


2kmと言えど、途中、川を越えなくてはならないので、普段は公共交通網を使ってしか行かない場所です。(しかも療育の時しか行かない)



でも、昨日は「自転車で行く!」と。
折よくお天気もお散歩日和ってことで。


長男、4年越しで乗れる様になった自転車で、初めての遠出。


そもそも、一般的に乗れたという状態なったのは2年位前?
だけど本人は「ペダルに足を乗せるのが怖い」
あの小さな物体に足を預ける事自体が恐怖の根元😀


なので毎日乗るのは嫌がってなかなか進歩せず、やっと本人的に「乗れた」と納得したのが去年。


それから更に数ヶ月。


そんなに久しぶりに自転車に乗る状態で、果たして行けるのか?


途中難関は、川越えの陸橋。
登り降りは、押し歩きになるだろうとは思うものの、体幹が弱くバランスが崩れやすい長男の事を考えると、私が2台分運ぶ?という予感。


でも、本人がやる気になっているときがチャンス‼️


狭くて歩行者がいる歩道は怖くて足こぎ(地面を蹴って)になってしまいます。
せっかくペダルに足を乗せられるようになったので、車の少ない裏道の車道を狙って遠回りしながら向かいました。


結果。


橋を渡るときは、足こぎでゆるゆる登り降りしていましたが、私が手伝う必要も無く、目的地に到着。
PhotoGrid_1522585434381

目的のコーラもゲット‼️


往復できるか不安だったけれど、完走(?)できました✨️

コーラ命❗️は恐怖も凌駕する?!


Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

DSC_0002
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


小さい頃(2~3歳?)積み木遊びをさせるのは、子どもの指先の刺激にはとても大事。



年子の我が家では、ゆっくり育つ長男の発達に合わせておもちゃを当てがってきましたが、1歳半離れている次男にしてみるとちょっと早め、程度の感じ。




長男に遊ばせようと思っても、そこは長男のやることは何でもやりたい次男気質、横から手を出すことが多くありました。



そのうち、長男は次男が寄って来ると遊ぶのをやめて次男に譲るように。



結果として、長男はほとんど積み木遊びをしないまま大きくなりました。

ただでさえ無器用な指先、うまく伸ばしてあげることができなかった思いがあります。



最近、机周りで感覚遊びをする長男。
両手の指先でクルッとものを回しては置いていく遊びです。
回すものは、タオルなどファブリックから、本、チラシ、ペンなど何でも。


片付かなくて困るのですが、ストレスリリースでもある感覚遊び、諦めて放置しています。



半年くらい前だったでしょうか、ちょっと思いついて、ずっとしまっておいた積み木を出して床にさりげなく置いておきました。


初めのうちはひとつひとつを回していただけだったのですが。


いつの頃からか、積み上げるように。


最近は、上に大きなものを置くのがブームらしく。


上の写真は昨日のもの。


放っておいても、できるようになっているものですね。


こんなのがいくつか床に存在しています。
というか、このバランス。
家族が側を歩くだけで崩してしまったりするのですが、まぁ、怒らないところが長男らしいかな。


という訳で、我が家の床は、いろいろなものが散乱しています。(言い訳・・・^^;)






Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


昨日の夕食時、兄弟間でクイズが始まりました。

問題を出すのはダウン症持ちの長男。
回答は次男。
ジャンルは地理(?)。
地理系が好きな長男(ま、程度は置いといて)と地理の苦手な次男(一応受験生だったけど)

よく言えば、こんな風に兄弟でクイズラリーをする日が来るとは思わなかった・・・。
でもレベルがなんとも我が家風 f^^;)


長男 「問題です!  長崎のグルメは何でしょう?!」
次男 「はい! 長崎ちゃんぽん!」
長男 「ブブー!! 皿うどんです!」


長男 「次! 沖縄のグルメは何でしょう?」
次男 「はい! ゴーヤチャンプル!」
長男 「ピンポンピンポン!」


長男 「(栃木県鬼怒川温泉の)あさやホテルのグルメは?」 
注:「あさや」は長男の大好きな宿。オススメです。
次男 「あさやカレー!」
長男 「ブブー! 温泉まんじゅうでした!」


長男 「栃木県宇都宮のグルメは?」
次男 「餃子!」
長男 「ピンポーン!」


長男 「茨城県のグルメは?」
次男 「茨城~? ・・・。 あ、黄門がいるとこでしょ?・・・納豆!!」
長男 「正解!」

長男 「群馬県のグルメは何でしょう?」
次男 「えっと・・・(ここでパズドラの群馬コラボを思い出す)
    わかった! 下ネタねぎ!」

もう、腹筋が痛かったです。(下仁田ネギだってば・・・)


Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村






 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。

長々と引っ張ってしまいましたが、次男の受験にまつわるエピソード、最後は垣間見えた次男の気持ち=きょうだいの気持ちを 載せさせてください。


発表直後、声を殺して泣いていた次男。
人生初の大きな挫折、去年の秋口から5ヶ月ほど、本当に集中して夜遅くまで塾で頑張っていただけにショックも大きかったのだと、その時の私は思っていました。
もともと五分五分の合格率、愚かな私は、そこまで入りたい強い気持ちを次男が持っているとは正直思っていませんでした。


ただ、実力を出し切れる状態にできなかったのは全くこちらの落ち度です。
意気消沈している姿を見るのは本当にいたたまれなくて、私や長男に当たり散らすことに対してはそのまま、当たりたいだけ当たらせていました。


それも暫くして、第二志望だった学校への手続きなどを一緒に初め出すと少しずつ落ち着きを取り戻し、冷静に試験当日の心情をつぶやいたりするようになりました。


ただ、それは申し訳ないけれど、私が思っていたような、「ただ緊張して実力を発揮できなかった」といったものではなく。
もっと深い家族への愛情が隠されていました。


試験の振り返りをしていたあるときは、1時間目に行われた文系科目で出題の主旨を間違えて作文を書いてしまった事を振り返りつつ、
「お母さんがものすごくテンパっていたから、つい『お母さんは、大丈夫かなぁ・・・。』とか考えちゃったんだよね~。」 と。


別な日には、出題に対しての解決方法がひらめかなかった理系問題(ここで点数を稼ぐのが合格のコツ)を思い出しながら「『(長男の)熱下がったかなぁ・・・。』とか、思って集中できなかった。」と。


親が思うよりもずっとずっと、家族のことを心配してくれていたようです。


次男の「集中できなかったのは緊張だけではなかった」という事実に、その優しさに、泣けました

もっとドライに自分のことだけを考えているかと思っていた私。
全然次男のことを理解していませんでした。


昨日の長男の姿もそうですが、今回の受験で、一番何も理解していなかったのは私。
子ども達は知らないうちに随分と思いやりのある子どもに育っていたようです。
思い込みで見下していたことをちょっと反省しました。


それにしても、ここぞというときに兄に持って行かれてしまう次男。
運命と言ってしまったらそれまでだけれど、『きょうだい児』の不憫さを象徴するみたいで・・・。
折に触れてこのことを思い出す度に(自分のことは棚に上げて)、可哀想に思ってしまいます。 

 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


今日帰ってきた長男の鞄を覗いたら、ガムテープで頑丈に封印された茶封筒が。

何かと思っておそるおそる開けてみたら。

image

連絡帳には、担任からのメッセージ「TUTAYAの雑誌を持ってきていました。今度持ってきたら没収だと伝えました。」

どうやら学校で級友に見せたかったようです。

そんなことをするようになったんだなぁ~、とちょっと嬉しくなっちゃう母でした f^^;)
(校則違反なんですけどね)

さて、弟の受験がらみのお話を「兄」側の態度から。

本命の発表、今の世の中わざわざ学校に行かなくてもネットで見られるんですよね。
で、嫌な予感もしていたので、ネットで確認。
案の定・・・ってヤツで。


次男は、本当にショックを隠せない様子で痛々しかったです。
(正直そこまで真剣に受かりたい、受かる、と思っているとは私、思っていませんでした)

で、「お母さんのせいだ!」「○○(長男)が熱を出すからだ!」と。
八つ当たりといえばそうかもしれませんが、やっぱり私の不手際でもあり、返す言葉も無く、申し訳なく・・・。
私もとても辛くて、こっそりお友達のママに電話して涙涙で慰めて貰ったりしてしまいました。

一方、もうひとりやり玉に挙がった長男といえば。
マイペースないつもと同じ状態で、特に何もリアクションしないので気にしていない、もしくは意味がわかっていないのかと思っていました。


ショックが抜けない次男は、発表からから暫くは思い返す度に「あ~あ、お母さんがあんな風だったから!」とか、「○○(長男)のせいだ!」と毒づいていました。

そして何日か過ぎて、何回目かの「おまえが熱を出すからだ!」と言った時。
もうその時は、進学する中学の方の手続きも終わり、深刻さも抜けて冗談交じりな感じになっていたので、つい私も同調して「そうだよ、ちゃんと手を洗わないから~。」なんて言ってしまいました。

すると、長男が本当にすまなさそうな、困った様な微笑みを無言で次男に返しました。

ちょっと悲しげなその長男の表情で、初めて長男も責任を感じて、それを受け止めていたことに気付きました。

熱を出すなんて不可抗力です。
(確かに、溶連菌は防げたかもしれないけれど・・・。)
それに、いつも口げんかなら、思いっきり反発する長男。
なのに、このときはただ黙って次男の顔を見ていて。

長男の兄としての対応に、ちょっと胸が熱くなりました。

考えてみれば、あのタイミングでの熱は絶妙で、もっと早かったら次男に移して試験自体受けられなかったかもしれません。
そういった意味では、褒めてあげるべきだったのかもしれません。
そんなことに今頃気付く、ふがいない母・・・(´Д`)




Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村






 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


今日は次男の入学式でした。
お天気もまずまずで、満開の桜からちらほら花びらが散ってくる絵に描いたような入学式日和でした。
学習環境も和気藹々として、しかもきめ細やかな指導が望めそうな学校のようで安心しました。


そんな入学式を終えた今だからこそ言える、次男の受験の顛末。

受験をするきっかけは、そもそもは次男が5年生の時の学級崩壊。
「授業がわからない」と次男が言い出したことがきっかけで塾へ行き出しました。
たまたま、次男が尊敬するお友達が通っていた塾を選んだこと。
その塾が進学系だったこと。
その流れに沿って何となくその気になり受験した、という訳です。

 とはいえ、いろいろな学校を見学していくうちに次男も本気モードになり、去年の夏以降は本当に頑張っていました。
いくつか見学した学校のうち、次男が「行きたい。」と思った学校は、志望校に決めた夏前の時点では遙か上のレベルの学校。

でも本人の本気モードが頑張る集中力を生み、少しずつレベルアップ。
今年に入ってからは塾講師から「もしかしたら・・・。」とまで言われるところまで来ていました。
公立中高一貫校なので倍率が平均7~8倍の学校。
親としてはあそこまで頑張っている次男を見ると 受かって欲しいけれど、「運」の力も必要だと思っていました。
それこそあちこちの神社にお参りしてお守りをゲットしたり。

今年は取り分け猛威を振るったインフルエンザには、絶対かからないように細心の注意をしました。
あいにく、受験日の1週間前から息子の小学校では学級閉鎖(それも隣の1年生のクラスを皮切りに複数)が出る程流行。
六年生で受験を控えたお子さんはみんな本番前の1週間程度自主休みする状態でした。

そんな中、迎えた受験でした。
ひとまず練習がてらの私立を一校受け、その2日後に本命校。

ところが。

事もあろうに長男が前日に高熱。(長男サイドからの記事はこちら。)

夜中、熱でうなされる長男に何度も起きた私。
(といってもべったり看病と言うより、「明日は○○(次男)が受験だから静かにして!」なんてことを長男に言ったりもしてましたf^^;)


そして迎えた当日。
さすがに長男をひとり置いておくわけにはいかないので夫には急遽休みを取って貰い。
長男を病院に連れて行く引き継ぎ打ち合わせをしたり長男用のおかゆを作ったり・・・でバタバタ。
一方の次男は緊張気味で、いろいろと取るに足らない話を仕掛けてくるし、やることはいっぱいあるし、私は睡眠不足で余裕が無いし・・・でイライラして拒絶してしまったり。
そんな勢いのまま、次男を連れてあたふたと家を出ました。


実は去年の末から都合2回も受験校まで試験日と同じ時間で開場まで向かう予行練習をしていました。
何より朝のラッシュの中、およそ1時間かけていくので、当日いきなり初めての経験だとより不利だと思ったからです。


ところが。

焦りすぎて予行練習した時間よりも早めに家を出てしまい。
「まぁ、早い分には大丈夫だろう。」と思ったのが失敗のもと。

途中、電車を急行に乗り換える必要があるのですが、これが予行した時刻と違う電車に乗ってしまったために乗り継ぎの連絡が変わってしまっていて、急行だと思って乗った電車は実は普通電車。
乗って2駅過ぎてから、本来(急行)ならば3つほど先で下車するはずなのに、全く違う駅名だということに気付きます。
普段この線は使ったことが無いので、このミスに頭の中が真っ白に!

この間、次男は相変わらず緊張をほぐそうとするのかゲームの話など次々と話してきていて。
こちらは、それどころではありません。
各駅停車などに乗ったら目的の駅までどのくらいの時間がかかるのか予想つきません。
とにかく、急行に連絡する駅まで行って下車。
全く予定に無い行動をする羽目になって、正直心臓がバクバク。
焦りマックス!
乗り継ぎ連絡や目的地までの時間など、車中で必死でスマホでググる、ググる。
次男のおしゃべりをここでも拒絶。
「お母さん、テンパってるね・・・。」と次男。
「当たり前じゃない!!」なんて返事をする状態です。

幸い、集合時間までには遅れず無事に到着したのですが、気持ちは浮ついたまま。
通常、親が子どもの緊張をほぐさなくてはいけないのに、次男の方が冷静に「お母さん大丈夫?」と聞く始末。

予定では、普段外出するときのようにゲームやくだらない話をしながら行って、ゆっくりとハグをしてから送り出すつもりだったのに、「頑張って」の声掛けをすることもなく、ただただ漫然と多くの受験生の流れに託してしまいました。
次男が校門に吸い込まれて行ってから初めて我に返って「しまった!」と。
次男の緊張をほぐすどころか、気持ちを考える余裕すらありませんでした。
次男の気持ちがどんな状態だったのか、全く把握していません。
嫌な予感がよぎるし(私の勘は当たります)、やってしまったことは戻せないし、自分の不甲斐なさにお迎えまでの時間呆然とうろうろ歩き回ってしまいました。

途中、長男の学校から電話。

そうです。
テンパり過ぎて、長男が熱で学校を休む連絡すらも忘れていました(ToT)
実は更に。
その日は長男のデイサービスも申し込んでいたのにそのキャンセルも全く忘れたままで、夕方スタッフさんがお迎えに学校に行ってから、先生が長男が病欠していることを報告して貰うという失態もしました。


お昼過ぎに終わる試験終了後、学校から出てきた次男の様子は、ひと目見て芳しくないのが見て取れました。

実力を出し切った・・・なんて風では全くなく、思いっきり試験会場の雰囲気に飲まれた感じ。
二人でどんよりしながら近くでお昼をとることにしました。


これがまた。
悪いことは続くもので。
というか、本当に天に見放されている感満載なのですが。

そこのお店では、予めスプーンやフォークがプラスティックのカトラリーケースに入れられているのですが。
食事を始めてからだいぶ経ってから次男がそのカトラリーケースに「虫がいる」と。
私の方からは見えなかったので向きを変えてのぞき込んだら・・・ゴキブリ(((( ;゚д゚)))
実は初めからいたようなのですが、次男は「何かゴミがある・・・。」と思っていたようで。
食事を半分ほど食べてから、「(動いたので)ゴミじゃ無い!」と気付いた次男。
そこで初めて私に伝えて・・・という訳。

普通、そこで「きゃー!!」ですよね。
なのに。
ふたりとも、試験の状態の悪さに呆然としすぎていて、お店にカトラリーケースを渡した後、そのまま食事を続けてしまいました・・・orz
今から思うと、ホントに涙。(いろんな意味で)


更に、次男の受難は続きます。


食事を終えたその足で次男は塾に試験問題の振り返りをしに行きました。
一方の私は、丁度その日は節分だったので、せめて恵方巻きで運を引き寄せようと奮発して海鮮巻き用にお刺身を購入して帰宅。


夕方、恵方巻きを作る為、まな板にマグロの柵を乗せた、そのタイミングで!

長男の痙攣&救急搬送です。(詳しくは上にも載せた過去記事) 


急遽、晩ご飯はお刺身に変更。
あえなく、せめて運を引き寄せる「恵方巻き」も無しになり、次男は夫とお留守番に。 


あまりに次男が不憫で、救急病院で長男が点滴している最中に夫にメール。
今日の恵方巻きは例年と違って特別な意味(受験の神頼み)を持つ事を伝えました。
その結果、夫が気を利かせて「恵方巻き」をコンビニで買って、次男と一緒に食べてくれました。
本来ならばここで めでたし、めでたし。

の筈が・・・。


翌日次男に聞いてみると。

夫と次男、方角(北北西)は知っているのに、なぜか家の中のどの向きか、が判らなかったようで。
二人とも別の方角(北北東)に向かって食したと言うことが判明(;´Д`)


返す返すも可哀想な次男。


今だからこそ、やっと笑い話にもなってきた次男の本命受験の当日のエピソードでした。

 

Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/
 
↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。

引き延ばしてすいません。
「判断をする」スキル 3回目。(という程大げさな話では無いです、正直いってA^^;)

耳鼻科に行くために長男と待ち合わせした商業施設。
 
1時間近く会えなかった原因。
よくよく聞いてみると。

まず。
既成概念のすりあわせ不足が原因
つまり、長男と私、それぞれ「待ち合わせ」に対する思い込みが違っていた、ということです。

通常、待ち合わせ場所ってビルの入り口を想定しませんか?
私、てっきり長男も「○○ビルで待ち合わせ」といったら入り口に来るものだと思い込んでいました。 

ところが。
息子にとっての「待ち合わせ」は。
決めた場所(一点ではなくエリア)に私が迎えに(探しに)来るもの。

実は、いつも子どもたちを連れて買い物をするとき、私が買い物をする間、子ども達は本屋だったり、フードコートだったり、場所を決めてそこで思い思いに待機。
買い物が済んだら私が迎えに行く、というのがパターンとなっています。 
つまり、そういうこと。
息子は、ビルの1階(もしくは2階)をぶらついていれば私が来る、と思っていたのでした。
だから待ち合わせ場所を「1階か2階」とエリアの意味で言っていたのでした。
一方の私は、どちらも出入り口があるので、その出入り口が待ち合わせ場所だと考えていた、という訳。

あながち息子だけが悪い、もしくは理解していない訳ではありませんでした。

今回でわかったこと。
細かいステップでの確認、お互いの考えの摺り合わせが必要ですね。


さて。
では、長男は私と会えなかった1時間何をしていたかというと。

1.道路から一番近くの出入り口からビルに突入。
これ、私が立っていた正面玄関とは別。
脇にある小さい入り口です。
なので、正面玄関にいた私は長男が入るところを見逃しています。
ーーーこれも出入り口は正面玄関というわたしの思い込みが影響していますよね。

2.例によって、カルディ(輸入食品店)で店頭で必ずやっているコーヒーを試飲(><)
3.次にフードコートに行き、(現金を持っていないので)PASMO(鉄道系ICカード)を使ってコーラを購入!
ご丁寧に私への報告としてレシートをしっかり保管。(* ̄∇ ̄*)
image

フードコートでくつろぐも、私が来ないので、移動。
4.次は、旅行センターで好きな旅のパンフレットを物色。
5.それでも私が来ないので、仕方が無いからビルを出て交番へ。

ということでした。

後から、「今日は携帯の充電もあるのだから、交番行く前に電話してくれれば良かったのに。」と伝えると、その時初めて「あ、そうだった。」と。

実は、前回の「待ち合わせ」(のつもり)の時、携帯が充電切れしていたので「そういうときは、交番に行って頼めば電話してくれるはず。」と教えたのでした。
因みに、PASMOで飲み物を購入!も、その時に私が「フードコートでPASMOで買える」と口走った気が・・・(^^;)

ある意味、忠実に教えたことを行った、ということです。


長男を授かるまで知的な障がいを持った方と触れ合うことなく生きてきた私。
物事の伝達の仕方、考え方を学んだ出来事でした。


意外と教えたことを記憶し、行動に移せるようになっているものですね。

ところで。
実はその日も次男が、卒業式の練習中にやはり前回と同じく具合が悪くなっていたらしいのです。
が、長男のこの行方不明事件の陰に隠れて、またもや「母の心配」を兄に持って行かれてしまったかわいそうな弟でしたf^^;)


長々とお付き合いくださりありがとうございます。



ただ今、BASEアプリでスネイリーズをフォローして頂くとショップからのプッシュ通信で500円割引クーポン配布中です。
よろしかったらこの機会にフォローしてくださいね。
アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。

Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/

↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村






 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


「判断力をする」スキルのPart 2、待っていてくださった方、間が開いてしまってごめんなさい。 
(子ども達の判断力が育っていることに驚いたPart 1はこちらから)


長男が行く必要があった耳鼻科に、先週行ってきました。

実は自力でターミナル駅まで行けることがわかった長男。
折角なのでもう一度チャレンジして貰う事にしました。

当日朝、耳鼻科のある商業施設で待ち合わせすることにして学校へ送り出しました。
決めたことはふたつ。
1.学校から出るときに携帯(メールか電話)で連絡すること。
2.商業施設の1階か2階どちらかで待ち合わせすること。(どちらかを選ばせたのですが決めかねて定まらず。)

実は、下校時間は学校からのプリントでおおよそ解ります。
また、今回は息子の携帯の充電も満タンなので(前回は切れていました)、GPSで彼の居場所が把握できます。
到着するだろうと思われる時間に合わせて私も商業施設まで行ってぶらぶらウインドウショッピングして待機していました。

さて、実際は。

私が学校プリントで考えていた時間より1時間近く遅く下校。
どうも部活動の日だったみたい。
直近の詳しいプリントを持ち帰っていなかったので時間がずれてしまったようです。

そうそう、約束1.の「学校を出るときメールか電話で連絡する」こと忘れています。

それでもGPSがあるのでこちらは動きが把握できているので、まぁ、良しとして。
GPSのマークは順調に商業施設に向かって近づいてきます。
あ、私はその時、そのビルのカフェでお茶してました(^^;)

いよいよビルの間近に来たので、私もビルの出入り口に移動。
1階か2階(駅からの連絡通路があります)、どちらに来るか不明ですが、取りあえず普通に道路を歩いてくれば到着する1階出入り口で待機。

ところが。

待てど暮らせど来ない。

GPSを見ると、一度ビル前まで来ていたはずなのに100mほど先のタイ料理のお店の前。
???
何度見ても、タイ料理レストラン前にいます。
10分経っても、20分経っても。
ここまで来て迷子?
と思いつつそちらの方へ向かって見ましたが、いません。
どうやらGPSの精度が落ちてしまったみたい。(電波が弱くて認識できないみたい。)

ということは、やはり近くにいるのか・・・?

30分経っても来なくて、2階に行ったり1階に戻ったり、私も右往左往。
携帯に電話をしてみても出てくれないし。
まさかここへ来てGPSが使えなくなるとは予想していませんでした。

ビルの出入り口で立ち続けることおよそ1時間。

何か事故にでも遭った?
それともおなかが痛くなってどこかのビルに入った?
など、いろいろな考えが浮いては消え、浮いては消え・・・。

すると、私のスマホに電話が。
表示は「○○○-0110
警察です。

めちゃくちゃ焦ります。

出てみると。

「○○くんのお母さんですか?」
   「はい。そうです。」(((( ;゚д゚)))
「○○くんが『お母さんと待ち合わせしているけれど、会えないので連絡して欲しい』とのことで電話しています。」
「○○くんは、今駅前派出所にいらしてて・・・。」
    「あ、私、今そこの目と鼻の先におります・・・。」ε=ε=(;´Д`)ホッ

商業施設の目の前に交番があります。
スマホで通話中に交番の中のおまわりさんと目が合う距離!

私、1時間ほどその交番の10m先にずっと立っていました・・・(-。-;)
交番なんか見ていないから、当の息子が交番に入るところを見ていません。

交番に到着すると、当たり前のように椅子に腰掛けた息子が。
ちょっとばつが悪そうな顔をしていましたが、無事に出会えましたf^^;)

なんというか、朝出がけに決めた約束事は反故。
とは言え、自分から交番に行くことはできていて・・・そういう知恵と応用力、スキルはついている、と。

で。
実際の彼の行動をよくよく聞いてみると・・・。

・・・引っ張って申し訳ないですが、長文につき続きは明日。


Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/

↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村









 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

今日は次男の卒業式でした。
image

我が家は年子なのでこれで小学校ともお別れ。

ともすれば、兄の方ばかりに目が行きがちでしたが、振り返れば次男にもいろいろな出来事が有った六年間でした。

入学した当初は、兄と同じ支援級に行けるものと信じていて。
違うクラスでがっかり。
なかなかお友達もできず、休み時間はいつも支援級に遊びに行っていたことを随分後から知らされました。

中学年では学校が統合。
狭い校舎に児童が倍に増え、ストレス倍増。
それぞれの小学校の文化が違い、トラブルや喧嘩が日常茶飯事。
先日の謝恩会での寸劇で知りましたが、給食の牛乳パックの畳み方ひとつで喧嘩になったりしていたようです。
大人たちには些細なことでも、子どもたちにとっては今までの行動規範が崩れるような大事なこと。
できれば行政にはそこまでの配慮が欲しかったりしますね。

5年生では学級崩壊。
6年生で担任が変わって、落ち着きを取り戻しました。

今までの凸凹がいっぱいあった子どもたちを見ているだけに、今日、それらを乗り越えひとつになった姿には感慨深いものがありました。

「昨今、児童の卒業式の衣装が派手に成ってきている」と先日テレビでやっていましたが、息子たちの学年はオーソドックスなブレザースーツ姿が99%、どちらかと言えば時流に乗った去年の長男の代とはまた違った趣でした。
一方、担任の先生方は和装で統一。

先生方と児童との師弟関係がしっかりつけられており、また、式の進行も効率的に行われ、最後まで緊張感が緩むことなく進められていました。

様々なトラブルを乗り越えてきた子どもたちだからこその成長ぶりに目を見張りました。


個人的には、低学年で、きょうだい児であるが故の自己否定が表面化した次男。
母子でセラピー通いをしたことも思い出されます。
そして直近の受験体験も次男の自覚を促すきっかけになりました。

様々な葛藤を乗り越えての卒業。

長男の時とはまた違った感動がありました。

ということで、今日はこれで。
昨日、「判断力の後日談を」と引っ張っておきながらトピック変更で申し訳ありません(>.<)

Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ

人気ブログランキング