スネイリーママの子育て いきつもどりつ

ダウン症持ち長男と年子の次男。毎日の育児のドタバタから運営する福祉グッズショップ「スネイリーズ」のことなど
子ども達が小さかった頃のブログも統一しました

***イベント出展情報***
2018.10.7(日)  バディーウォーク仙台2018
2018.10.28 (日) バティーウォーク関西
2018.11.28(水) オレンジリボンママフェスタ
みんな 来てね!♡

タグ:サクッと包めちゃう!風呂敷

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


昨年、クラウドファンディングを利用して作製した特別支援学校・学級用風呂敷。

お待たせしました、ようやくショップにあげられました。
といってもまだLevel 1のみですが(汗)。

Level 1斜め


紐結びのスキルを付けるために指先の訓練を兼ねて指定される風呂敷。

今回、小学生向けに作業療法士サワコ先生が考案された形は、先生の視察先で見た光景がきっかけでした。


先生が目の当たりにした光景は、「視察」だったから目にしたこと。
通常、保護者には知らされないと思われます。
なぜって、授業進行上は特に問題が無いから。
ある意味、学校では日常茶飯事、先生にとっては取るに足らない出来事だと思われます。
ただ、当の子ども本人にとっては・・・?
という話。
保護者目線で見なくては見えない部分でもあります。


と、その前に。

サワコ先生との馴れ初めと作業療法士という仕事について伝えさせてください。
 
サワコ先生は、息子が0歳の頃から通っていた療育施設の先生で、丁度2歳児クラスの時の担任でした。
 
0歳児の頃からの理学療法士(PT)による大きな動作(姿勢保持や立つ、歩くなど)の訓練がある程度終了した後、作業療法士(OT)による訓練が始まります。


作業療法士とは、生活に密着した細かい動きを日常生活の様々な行動・遊びなどを取り入れながら機能を回復させる職業です。
成人の機能回復(リハビリ)も勿論ですが、障がい児の場合は、お箸の持ち方や選び方、コップやスプーンなどのデザインのアドバイスから始まって、子どもとのどういった遊びがどのような効果を生むか、など多岐にわたる情報を教えてくださいます。
 

その、懐かしいサワコ先生からご連絡を頂いたのが、確か4月の終わり。
「『スネイリーズ』で作って欲しいものがあるのだけれど…。」と。



≪先生が目の当たりにした光景≫

先生は、息子がお世話になった療育施設を退職された後、時々支援学校や支援学級の授業を視察して、専門家としての意見や感想などを先生方にフィードバックするお仕事をされています。


久々にお会いして、詳しいお話を伺いました。
それは、視察に行った学校でのある光景。
教室で体操服に着替える男の子のエピソードです。



その学校では、風呂敷は机の上に広げて着替えるそうです。
そう、学校のあの、表面積の小さい机。


まだ風呂敷に包むことがおぼつかないその男の子は、まず風呂敷の中央を机の上に揃えられていない上に、脱いだ服も中央に置かなかったため、風呂敷自体の重さと体操服とで風呂敷ごと床にずり落ちてしまったそうです。


律儀な男の子は、落ちた服を拾ってもう一度風呂敷を広げ、着替えた服をたたみ直して置き、やっと風呂敷を結ぼうとします。
でも、うまく包めずにもたついて、また机から落とし、拾い上げてたたみ直し・・・試行錯誤をしているうちに時間は刻々と過ぎていきます。



早く着替えられた子は、外で遊んでいていい・・・。
そういうルールのようです。
着替えが早い子は教室から飛び出していきます。


先生から急かされつつも真面目に何度もやり直しをしている間に、クラスのお友達はみんな着替えて教室の外へ。
やっと支度ができた頃には、せっかくの休み時間終わり授業が始まってしまっていたそうです。


作業療法士という立場だけで無く二人の男の子の母親でもあるサワコ先生は、その男の姿を見て痛感したそうです。

直感的に服を置く中央の位置がわかり、早く包める風呂敷が有ればいいのに。


もしも先生が見た光景が毎日教室で繰り返されているとすれば、その子にとっては「できない、遅い、叱られる」の悪循環


本来は指先の器用さを育てるための前向きな動作が、自己肯定感を下げるばかりの動作になる予感。
バッドスパイラル、本末転倒です。


そんな、作業療法士として、そして母親としての思いが
「6歳児でも直感的に、そして楽に包める風呂敷」
を作るきっかけになりました。
Level 1面ファスナー2



クラウドファンディング当時の商品名を変えて「サワコ先生の風呂敷 Level 1」としました。

詳しい特徴はショップにてご覧頂けると嬉しいです。



Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村





こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。

Readyforさんで展開させて頂いている「子どもの意欲と自信を育てる風呂敷」プロジェクト。
ご質問を頂いたので、新着情報欄に返答を記させて頂きました。
ただ、Readyforのページをいつもチェックされている方ばかりとは限らないので、こちらにも同じモノを乗せさせて頂きますね。



Q. そもそも、普通に販売すればいいのになぜ支援金を募るのですか?



≪スネイリーズの 裏コンセプト≫


私が運営するスネイリーズのコンセプトは、

子どもが「じぶんでできる」です。


ですがそれと同時に裏コンセプトが存在します。


それは、「お母さん保護者)の労力を減らしたい!」です。​


お母さん方が、仕事から帰って、または一日中子どものペースに合わせて過ごして、それから夕ご飯の支度して、寝かしつけて・・・。

そうして家族みんなが寝静まった後、子どもの身の回りの品々を子どもの発達度合いに合わせて加工する


確かにそれ自体は「ちょっとした手間」かもしれません。

でも、障がいを持つ子どものための「ちょっとした手間」は、とてもこまごまとしていて、そしてたくさんあります。

子どもが大好きだからこそ、それはどんどん増えていきます。



だから!!



同じ立場の親として、私はそこを少しでも軽減できたらいいな、と考えています。




≪高すぎて買えない!?≫


さて。


今回、発達に遅れがあるお子さん達が「直感的に包みやすい風呂敷」を作るに当たり、子ども目線でデザインを考えました。

図柄は全くのオリジナルです。

ですから、まず誂え染め(オーダーメイド)でまとまった数量の染色が必要となりました。

次に、Level 1、Level 2それぞれ縁縫いや特別なフォームへカットしたり面ファスナーを付けたり、という加工が必要になります。


つまり、一般的な風呂敷を誂え染めで作るよりも、より多くの手間と行程が、そして費用がかかります。


これをそのまま商品価格に転嫁すると、私なら・・・。


「買いません」


私自身が保護者としての視点から見たら、高すぎて買えません!!


子どもの能力をより引き出す物だとわかっていても、そこは家計を預かる物として、躊躇してしまいます。

(仕方が無いから、手間をかけて紐を付けるかなぁ・・・。)と。




≪現実的な価格での提供≫


「子どもの今と未来」が長い目で見るサポートだとしたら。

お母さんの労力軽減は直接的なサポート。


子どもをサポートしたい! 

ということと、

お母さんの労力も減らしたい!!

ということは、スネイリーズにとっては表と裏、一体です。



だから、どんなにこだわり抜いた自慢の商品でも、購入不可能な高額商品では意味が無いのです。



そういった意味で。

このプロジェクト、みなさまのご支援は、お母さんの苦労の代わりに「購入可能な価格で提供」するために使用させて頂きます。


ご理解頂けると嬉しいです。



プロジェクトへのリンクは下の画像またはこちらからどうぞ。
先行予約リターンもあります!!

風呂敷


最後まで読んでくださりありがとうございます。
Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村





こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。
クラウドファンディングへのご支援、応援ありがとうございます。
おかげさまで「特別価格 限定数10個」のリターンが完売致しました。
ありがとうございます!


ところでここ数日、嫌な予感はしていましたが。
今朝、夜も明けぬ内から背中の痛み。
ベッドの上で転々とするも痛くて眠れず、夜明けと共に起き出してみたものの、ゆっくり来たぎっくり腰状態(T_T)
起きても痛い、寝ても痛い。
予定していた行事をキャンセルして、仕方なく整形外科へ。
骨や椎間板に異常は無かったものの、筋肉ガチガチだそうで。
ついでに受けた骨密度は、平均値以下で「骨粗鬆症が始まっているからカルシウムをなるべく多く取るように」と。
年は取りたくない物です・・・orz

[画像:5381969f-s.jpg]


さて、さて。

昨日、くろーばーさんで伺ってきた耳寄り情報のうち、うちの息子に関する悩み、共通の方もいらっしゃるかもしれないので共有させて頂きます。

それは、「内股、猫背」

内股はあまりいないかもしれませんね。

宮崎先生のお話だと。
お尻の筋肉を使う(緊張する)のが がに股に
太ももの筋肉を使うのが 内股 になるそうです。


そして、骨盤が前に傾くと内股になり、また、猫背にもなる、と。

骨盤の位置や背骨の傾きなどをチェックして、正しい筋肉の使い方ができるようにすると骨のゆがみが軽減されるようです。


具体的に何をするかというと。

背筋を鍛える。
image

手を上へ上げる運動や、うつぶせになって足を後ろに上げる運動が良いそうです。


また、骨盤を立てるという感覚を覚えることが大事で、仙骨が立たないと内股になるそうです。
image

骨盤を立てる立ち方の練習は。

image
手を上げて大きく呼吸(5回程度)
     ↓
そのままからだをひねる。

というのがいいそうです。

また、硬くなった股関節を緩めるのには、あぐらをかくのが良いとのことでした。


めちゃめちゃラフな絵で失礼します(^^;)
(何しろ腰が痛くて・・・。)

ご参考になったら嬉しいです。


クラウドファンディングへのご支援はQRコードまたはこちらから。

風呂敷
ReadyforQR

Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村





↑このページのトップヘ

人気ブログランキング