スネイリーママの子育て いきつもどりつ

ダウン症持ち長男と年子の次男。毎日の育児のドタバタから運営する福祉グッズショップ「スネイリーズ」のことなど
子ども達が小さかった頃のブログも統一しました

***イベント出展情報***
2019.2.3(日)横浜市緑区民文化センターみどりアートパーク
『鈴木より子の歌声のおもちゃ箱』会場にて。
*事前申し込みが必要です。申し込み方法はこちらから↓
https://www.m-artpark.com/event/20181122182717.html

タグ:スネイリーズ

こんにちは。

いつも「スネイリーズ」を応援して頂きありがとうございます。




「スネイリーズ」というのは、実はブランド名です。

会社の名前は、「そったく」といいます。



「『そったく』ってなんですか?」って、名刺を交換するとよく訊かれます。


「そったく」といいうのは・・・。


漢字で書くと「啐啄」。


啐(そつ)は卵の中の雛が孵(かえ)ろうとして中から殻をつつく音。
啄(たく)は、親鳥が雛の行動に反応して外側から殻をつつく音。


親子の気持ちが通い合い、同時につつくという共同作業があって初めて卵の殻が割れ、雛が孵ることができる様子をさしています。*


だから、会社名の「そったく」には、

(卵の中にいるような)子どもたちのひそやかな声に耳を傾けたい

という思いを込めています。


そったくは子どもの「あったらいいな」という声なき声をすくい取って、スネイリーズという「形」として提供できたらいいな、と考えています。

*現在は、転じて禅の言葉として使われています。

  禅の言葉:師家と修行者との呼吸がぴったり合うこと。機が熟して弟子が悟りを開こうとしているときにいう。(大辞林第三版より)


こんにちは。

いつも「スネイリーズ」を応援していただきありがとうございます✨


春日和の今日は午前中、丸の内の創業ステーションへ事業相談に行ってきました。
「スネイリーズ」、パワーアップしたいことが有りまして…フフニヤリ
o0960096014149408218


相談が終わったら、その足で築地の聖路加病院へ。

Facebookでは昨日告知させていただきましたが、長男が通った療育園時代のクラスメートが第二画廊で開催中の第13回talent展に出展とのこと。
ちょっと足を伸ばして拝見してきました✨
o0960096014149408223
o0960096014149408232
o0960096014149408242



第13回talent展
“年齢は10代20代の8名が出展します。
それぞれ幼い頃から、マイペースで描き続けています。
枠を越えて、どこにもない、その人らしさと美しい色使いがtalentの持ち味です。” (ホームページから)
o0960096014149408245


3月12日(月)~3月24日(土)
月~金 9:00~17:00、土・祝10:00~16:00
聖路加病院第二画廊

o0960096014149408251

有り難いことにスネイリーズのパンフレットも置いていただいています❤️

《今日のお薦めグッズ》
初めての風呂敷。
紐結びの前段階の訓練として使用します。
特別支援学校などで使われるお着替え入れの風呂敷。
視察先での子どもの「困った😖💦」に寄り添って作りました。

Level 1斜め

Level 1面ファスナー2

こんにちは。
いつも「スネイリーズ」を応援していただきありがとうございます✨


ご注文頂いてからの製作になる「セミオーダーの体操服入れ」

L吊るし

お陰さまで発売開始以来、ほど良いペースでご注文を頂いております。
ありがとうございます爆笑


さて。


入園式、入学式前にお届けするために。


受注締め切り日をご案内させていただきます。
万一立て込んで間に合わないと大変ですものね。

受注締め切り日は
3月25日
とさせていただきます。


アプリでお気に入りしていただいている方、今、ご検討中の方、これから考えるつもりの方、宜しくお願い致します。


🍀ここでちょこっとご紹介🍀

「セミオーダーの体操服入れ」の作製をお願いしているのは、NAOMIさん。
中学生のお嬢さんがいるソーイング大好きママさんです。

実は、出会いは長男を出産した病院。

長男より1日前にお嬢さんを出産されていて、退院時、お嬢さんにお手製のベビードレスを着せて退院されていたのが印象的でした。

産んだ病院は千代田区だったのですが、奇しくも住まいもご近所。
ということで子ども達が小さい頃はよくご一緒したものでした。
私が次男を妊娠したときもマタニティードレスをプレゼントしてもらっちゃったり照れ

お互い引っ越してしまったので今は家が少し離れてしまいましたが。


ま、それはさておき。


スキルとキャリアは存じ上げているので。


一昨年よりスネイリーズの製作をお願いしています。


そなのNAOMIさん。
スネイリーズの製作をお引き受けしてくださるに当り。


な、なんとビックリマーク


業務用ミシンまで揃えてくださいました!!びっくり


皆さまのお手元に届く商品は、一点一点手作りでありながら、工業製品と同じクオリティのものなんですね~❤️

こんにちは。

いつも「スネイリーズ」を応援して頂きありがとうございます。



今年のゴールデンウィーク、4月28日にヨコハマプロジェクトさん主催のツナガリウォークが開催されます。


去年初めて息子と参加したツナガリウォーク。

今年も参加予定です。


ツナガリウォークのコンセプトは「当日ウォークに参加したい人、気持ちで応援したい人などそれぞれの方が関わりたいと思うやり方で、自由に気軽に、互いが繋がれるイベント」です。(ヨコハマプロジェクトのチラシから)


今年は特に、ダウン症だけに限らずいろいろな立場、環境の人たちと障がいとか関係なく繋がろうという思いがあるそうです。



そんなすてきなイベントに、なんと今年はお声かけ頂き「スネイリーズ」として出店させて頂きます!!


ということで、当日ウォークにいらっしゃられた方に、実際にスネイリーズの商品を手に取ってみて頂ける幸運に感謝♪

是非4月28日は横浜山下公園でお会いいたしましょう♡

ヨコハマjプロジェクト002
ヨコハマjプロジェクト001

こんにちは。

いつも「スネイリーズ」を応援していただきありがとうございます✨


今日は、地元で開催された講演会に行ってきました。

「共に生きる社会をめざして~ダウン症ってとってもスペシャル! 夢をもつ力~」

講師はNPO法人ドリームエナジープロジェクト 理事の内海智子先生。
o0960096014151338561
ダウン症の親限定の講座では無かったので、ダウン症を持つ有名どころの方々(金澤翔子さんやいかわあきこさん、あべけん太さん)の紹介やアールブリュット(美術の専門的な教育を受けていない人が伝統や流行などに左右されずに自身の内側から沸き上がる衝動のまま表現した芸術)を世に送り出す活動をされている工房さんなどの紹介がありました。

また、一般のダウン症でも少しずつチャレンジし、成功して誉められる体験が能力を伸ばすこと、「頑張ればできるという感覚を体験すること」が次に繋がる、ということを主催されているドリプロスクールに通う子どもたちの姿を通して教えて頂きました。

スネイリーズの目的としている部分が証明されているようで励みになりました✨


それから「Born this way」の一部を観賞。
本人がダウン症を持つということにどう感じ、どう対応していくかの映像を元に、(日本において)親を始めとする環境の違いについても考えさせられました。

「障がいがあるから」と保護するようで逆に世界を狭めていないか、本人の成長をさまたげていないか…。
考えさせられました。
今後、障がいがある人の人生を考える上で、日本の社会を変えていきたい部分でもあります。


最後に体験ワークショップ。
自閉症の方の視野(の狭さ)の体験を通して、どうしても狭い部分に集中してしまうために他の(見えない)部分に注意が向かわないこと、決して無視してる訳ではないということなどを体感。

次に、軍手をはめて折り紙で鶴を折る体験からはダウン症の指先の感覚を体感しました。

ダウン症を育てていれば、「軍手をはめた指先の感覚」は周知のことですが、実際やってみて「思うように折り鶴を折れないもどかしさ」を感じているところに例えば「早くして~。まだできない?」と声をかけられるとしたら?という問いに、想像するだけでも充分な「苛立ち」も体験!😅

今まで自分で思っているよりもはるかに不快だっただろう体験を長男に与えていたらしいことに気付きました。反省💦


何事も体験してみること、大事ですね~。


内海先生と先生の著書「ぼくはダウン症の俳優になりたい」

o0960096014151338566



こんにちは。

いつも「スネイリーズ」を応援していただきありがとうございます✨


BASEアプリでのフォローやアプリで商品のお気に入りの数が増えています‼️
アクションをしてくださって、ありがとうございます💕
とても励みになります照れ


加えて今日は。


ご購入者さんから、とても嬉しいエピソードを教えていただきました✨


昨年、息子さん用にランチポーチをご購入頂いた方です。


園での給食用具入れにお使い頂いているとのこと、使い初めてから、先生に「○○くん、お支度がスムーズになりましたね。あれ(ポーチ)、いいですね。」と褒めて頂けたそうですクラッカー


息子さんが 自分でスムーズにお支度できること。


まさしくスネイリーズの目標とするところです。


「もたつかないこと」
それが「楽しく継続」の秘訣です。


その積み重ねが「自信」に繋がります。


「自信」は新たなチャレンジへの「意欲」に繋がります。


そうして、新たなチャレンジの経験を通して、それが成功してもしなくても、
自分に対する信頼」となります。


それが「自己肯定感」です。


目の前のことを物理的にできるようになること。


それも目的ですが、が確固とした「自己肯定感を育む」ことスネイリーズの最終的な目的です。



《今日のお薦めグッズ》
フラップを開けたら色違いの布。
おにぎり柄も同じ仕様ですが、こちらの裏はモノトーンになっています。
表のカラーに対してのモノトーン、他の柄に比べて、より絵画的、「色彩感覚」を刺激するデザインとなっています。
小さいうちにどれだけの色を目にするかで決まる色彩感覚。
お絵かきに興味があるお子さんに。


サボテンイメージ

こんにちは。

いつもスネイリーズを応援してくださりありがとうございます。


昨日、直ぐにアプリでスネイリーズをフォローしてくださり、ありがとうございます✨


今日は「スネイリーズ」の名前の由来を。


って、ロゴを見たらおわかりの通り、《かたつむり》から来ています。


かたつむりを英語で言うと、snail スネイル。


安直にもかたつむりくんの名前をスネイリーにして、「~の」の意味の「’s」(アポストロフィ S)を付けて 「snaily's(スネイリーズ) 」
snailys.tinyshopは、つまり『スネイリーのちっちゃなお店』ですニヤリ



では、なぜ「かたつむり」かって?



それは、目玉を突っつかれてもへこたれずに、ゆっくりマイペースで歩んでいくから。


そんな姿に息子、そしてダウン症の子どもたちを重ねあわせました。


スネイリーくんはそんな子どもたちの象徴なんです。


ゆっくり育っても、いっぽいっぽ前進して欲しい。


スネイリーズはそんな子どもたちの為のショップです。




《今日のお薦めアイテム》
パカッと開いてボコッと入れられるから、その分、ゆっくり&正しく靴を履く習慣をつけられます🎵

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


まだ、体調が復活していないふくだです。
年取ると回復が悪くて…


幸い調子が悪かったスマホが新しく交換してもらえたので、スマホでこちらを書いています。
入力システムが変わったので、変換キーの位置にまだ慣れていませんが、動作は問題無さそうです。


さて。


3月3日より、テレビCMが流れている香取慎吾さん出演のネットショップBASE。


ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、スネイリーズもこのBASEで展開しています。


なので、直接ショップへのリンクhttps://snailys.theshop.jp/
でも購入できますが、BASEアプリ経由での購入も勿論可能です。


そして!

今、BASEではアプリのダウンロードをしてくれたお客さまにアプリダウンロード記念初回限定10%オフクーポンが配信されています。


入園・入学準備をお考えの方は、いや、そうでない方も!


是非このチャンスをお見のがしなく10%引きでお買い物してみてくださいね!(大きい声では言いたくないけれど、スネイリーズ以外のショップさんでも使えます)


ということで、宜しかったらアプリのダウンロードは下のリンク↓からどうぞ❤️
アプリでスネイリーズをフォローしていただくと、新商品やお得情報など、いち早くお知らせすることができます

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=snailys-theshop-jp&follow=true


《今日のお薦めアイテム》

結ぶ部分が長いので指使い苦手さんでも使いやすい「脳を育てるあづま袋」

輪が大きいので紐結びのコツが判りやすいですよ。https://snailys.theshop.jp/items/4920566

image

ホッコリしたアニマル柄の新柄も登場!

https://snailys.theshop.jp/items/10072101

DSC_0113

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


昨年、クラウドファンディングを利用して作製した特別支援学校・学級用風呂敷。

お待たせしました、ようやくショップにあげられました。
といってもまだLevel 1のみですが(汗)。

Level 1斜め


紐結びのスキルを付けるために指先の訓練を兼ねて指定される風呂敷。

今回、小学生向けに作業療法士サワコ先生が考案された形は、先生の視察先で見た光景がきっかけでした。


先生が目の当たりにした光景は、「視察」だったから目にしたこと。
通常、保護者には知らされないと思われます。
なぜって、授業進行上は特に問題が無いから。
ある意味、学校では日常茶飯事、先生にとっては取るに足らない出来事だと思われます。
ただ、当の子ども本人にとっては・・・?
という話。
保護者目線で見なくては見えない部分でもあります。


と、その前に。

サワコ先生との馴れ初めと作業療法士という仕事について伝えさせてください。
 
サワコ先生は、息子が0歳の頃から通っていた療育施設の先生で、丁度2歳児クラスの時の担任でした。
 
0歳児の頃からの理学療法士(PT)による大きな動作(姿勢保持や立つ、歩くなど)の訓練がある程度終了した後、作業療法士(OT)による訓練が始まります。


作業療法士とは、生活に密着した細かい動きを日常生活の様々な行動・遊びなどを取り入れながら機能を回復させる職業です。
成人の機能回復(リハビリ)も勿論ですが、障がい児の場合は、お箸の持ち方や選び方、コップやスプーンなどのデザインのアドバイスから始まって、子どもとのどういった遊びがどのような効果を生むか、など多岐にわたる情報を教えてくださいます。
 

その、懐かしいサワコ先生からご連絡を頂いたのが、確か4月の終わり。
「『スネイリーズ』で作って欲しいものがあるのだけれど…。」と。



≪先生が目の当たりにした光景≫

先生は、息子がお世話になった療育施設を退職された後、時々支援学校や支援学級の授業を視察して、専門家としての意見や感想などを先生方にフィードバックするお仕事をされています。


久々にお会いして、詳しいお話を伺いました。
それは、視察に行った学校でのある光景。
教室で体操服に着替える男の子のエピソードです。



その学校では、風呂敷は机の上に広げて着替えるそうです。
そう、学校のあの、表面積の小さい机。


まだ風呂敷に包むことがおぼつかないその男の子は、まず風呂敷の中央を机の上に揃えられていない上に、脱いだ服も中央に置かなかったため、風呂敷自体の重さと体操服とで風呂敷ごと床にずり落ちてしまったそうです。


律儀な男の子は、落ちた服を拾ってもう一度風呂敷を広げ、着替えた服をたたみ直して置き、やっと風呂敷を結ぼうとします。
でも、うまく包めずにもたついて、また机から落とし、拾い上げてたたみ直し・・・試行錯誤をしているうちに時間は刻々と過ぎていきます。



早く着替えられた子は、外で遊んでいていい・・・。
そういうルールのようです。
着替えが早い子は教室から飛び出していきます。


先生から急かされつつも真面目に何度もやり直しをしている間に、クラスのお友達はみんな着替えて教室の外へ。
やっと支度ができた頃には、せっかくの休み時間終わり授業が始まってしまっていたそうです。


作業療法士という立場だけで無く二人の男の子の母親でもあるサワコ先生は、その男の姿を見て痛感したそうです。

直感的に服を置く中央の位置がわかり、早く包める風呂敷が有ればいいのに。


もしも先生が見た光景が毎日教室で繰り返されているとすれば、その子にとっては「できない、遅い、叱られる」の悪循環


本来は指先の器用さを育てるための前向きな動作が、自己肯定感を下げるばかりの動作になる予感。
バッドスパイラル、本末転倒です。


そんな、作業療法士として、そして母親としての思いが
「6歳児でも直感的に、そして楽に包める風呂敷」
を作るきっかけになりました。
Level 1面ファスナー2



クラウドファンディング当時の商品名を変えて「サワコ先生の風呂敷 Level 1」としました。

詳しい特徴はショップにてご覧頂けると嬉しいです。



Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村





こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


昨日、矯正専門の歯科に子ども達を連れて行きました。

初めての診察です。
といっても、目的は専門医にセカンドオピニオンを聞きに行く、というもの。


息子達、2012年から矯正を始めていました。
赤ちゃんの頃からお世話になっている地元のプラークコントロールに力を入れている歯科でです。


矯正の種類は、ブラケットといういわゆる歯の表側にワイヤーを付けるものでは無く、歯の内側に装着してあごの成長を促す、というタイプの矯正です。

↓これは一番初めの頃の装具で、寝るときに上あごにはめるもの。
6167478a.jpg


かれこれ5年半ほど経ち、そろそろ第二段階のブラケットに進む時期になってきていました。
つまり、ここで再びン十万円が必要になる・・・というタイミングですね、しかも二人分 (;´Д`)



ところで、長男が定期的に通っている遺伝科の医師から「ダウン症の矯正は保険適用になる」という話を聞いたのは、およそ2年前。


えーっ?!



そのずっと前から自費診療でやっています。



今までお世話になってきた歯科は、お子さんがダウン症を持ってらしたりして私たちダウン症児の親にとっては先輩保護者として、同じ療育施設や学校や・・・結構信頼していたところです。
息子達が虫歯無しで今まで来れたのもこちらのご指導のおかげ。


それで、当該歯科に聞いてみたところ。
うちは自由診療です。」と。
日を改めて聞いても
保険適用はできません。」と。



でも、理由ははっきり教えて頂けなくて、もやもやしたまま時が経ち・・・。



そして前回の診察(去年の10月)ではついに、「そろそろ第一段階(あごを大きくする段階)は終わって、次回からは型を取って第二段階に進みます。」(次男の方)
長男も遅かれ早かれ同じです。



これは、次の予約までに早急に調べねば。


と、思っていたら、長男が体調を崩して予約をキャンセル。
次回予約はあとで連絡します・・・なんて言っておきながら3ヶ月近く放置してしまったわけで f^^;)


その間、年末に長男の上あごに嵌まっていたワイヤーが折れたりしていて・・・。(過去記事



年末年始があっという間に過ぎて、ついに!
通っていた歯科から予約を取れとの催促電話が入り。


出ていくお金顔金田だけに、私としても唯々諾々と従っている状態では無く、慌てて調べてい件の歯科に初めて行ってきたわけです。



ということで、ちょっとここからも長いので明日にさせてください。




Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ

人気ブログランキング