スネイリーママの子育て いきつもどりつ

ダウン症持ち長男と年子の次男。毎日の育児のドタバタから運営する福祉グッズショップ「スネイリーズ」のことなど
子ども達が小さかった頃のブログも統一しました

***イベント出展情報***
2019.2.3(日)横浜市緑区民文化センターみどりアートパーク
『鈴木より子の歌声のおもちゃ箱』会場にて。
*事前申し込みが必要です。申し込み方法はこちらから↓
https://www.m-artpark.com/event/20181122182717.html

タグ:ダウン症

こんにちは。

いつも「スネイリーズ」を応援していただきありがとうございます✨


BASEアプリでのフォローやアプリで商品のお気に入りの数が増えています‼️
アクションをしてくださって、ありがとうございます💕
とても励みになります照れ


加えて今日は。


ご購入者さんから、とても嬉しいエピソードを教えていただきました✨


昨年、息子さん用にランチポーチをご購入頂いた方です。


園での給食用具入れにお使い頂いているとのこと、使い初めてから、先生に「○○くん、お支度がスムーズになりましたね。あれ(ポーチ)、いいですね。」と褒めて頂けたそうですクラッカー


息子さんが 自分でスムーズにお支度できること。


まさしくスネイリーズの目標とするところです。


「もたつかないこと」
それが「楽しく継続」の秘訣です。


その積み重ねが「自信」に繋がります。


「自信」は新たなチャレンジへの「意欲」に繋がります。


そうして、新たなチャレンジの経験を通して、それが成功してもしなくても、
自分に対する信頼」となります。


それが「自己肯定感」です。


目の前のことを物理的にできるようになること。


それも目的ですが、が確固とした「自己肯定感を育む」ことスネイリーズの最終的な目的です。



《今日のお薦めグッズ》
フラップを開けたら色違いの布。
おにぎり柄も同じ仕様ですが、こちらの裏はモノトーンになっています。
表のカラーに対してのモノトーン、他の柄に比べて、より絵画的、「色彩感覚」を刺激するデザインとなっています。
小さいうちにどれだけの色を目にするかで決まる色彩感覚。
お絵かきに興味があるお子さんに。


サボテンイメージ

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


まだ、体調が復活していないふくだです。
年取ると回復が悪くて…


幸い調子が悪かったスマホが新しく交換してもらえたので、スマホでこちらを書いています。
入力システムが変わったので、変換キーの位置にまだ慣れていませんが、動作は問題無さそうです。


さて。


3月3日より、テレビCMが流れている香取慎吾さん出演のネットショップBASE。


ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、スネイリーズもこのBASEで展開しています。


なので、直接ショップへのリンクhttps://snailys.theshop.jp/
でも購入できますが、BASEアプリ経由での購入も勿論可能です。


そして!

今、BASEではアプリのダウンロードをしてくれたお客さまにアプリダウンロード記念初回限定10%オフクーポンが配信されています。


入園・入学準備をお考えの方は、いや、そうでない方も!


是非このチャンスをお見のがしなく10%引きでお買い物してみてくださいね!(大きい声では言いたくないけれど、スネイリーズ以外のショップさんでも使えます)


ということで、宜しかったらアプリのダウンロードは下のリンク↓からどうぞ❤️
アプリでスネイリーズをフォローしていただくと、新商品やお得情報など、いち早くお知らせすることができます

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=snailys-theshop-jp&follow=true


《今日のお薦めアイテム》

結ぶ部分が長いので指使い苦手さんでも使いやすい「脳を育てるあづま袋」

輪が大きいので紐結びのコツが判りやすいですよ。https://snailys.theshop.jp/items/4920566

image

ホッコリしたアニマル柄の新柄も登場!

https://snailys.theshop.jp/items/10072101

DSC_0113

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


子ども達の矯正の効果について、今まで掛かっていた歯科で頂いた資料から振り返ってみました。
子ども達は、2012年の夏頃から(記憶が曖昧)矯正を始めました。
当時長男は小学校3年生、次男が小学校2年生。
年齢は1歳半違いますが、体型はほぼ同じ。
認知力の違いにより、次男が一ヶ月先行して始め、その様子を目にして心理的に受け入れやすくしてから長男の矯正に入りました。(以前のブログにも経過を書いています。)


長男の推移。
これが矯正前。
上の前歯がかなり乱れて生えてきています。
矯正航大001

そしてこちらが矯正をしてから3年半くらいの頃。

矯正航大002
ちょっとわかりにくいですが、前歯の向きが変わっていることがわかります。
この時はまだ八重歯になっている犬歯も現在はもう収まっててきています。
結果としては、長男の歯並びに関してはそれなりの効果があったと思います。

今後、転院先の歯科で歯周病ケアと共に矯正を続けるかどうかの判断をしていくことになります。



続いて次男。
次男のデータは、まだ乳歯の頃のが一番最初なのですが、それだと矯正の効果がわからないので、矯正をして暫くしてから(およそ2年半後)のデータで。
(この時点で、まだ上あごにはワイヤーが入っていません。)

矯正温広003

そしてこちらが去年。
矯正温広002
次男は歯並びと言うより咬合が深いための矯正と言うことでした。
今回、転院先の歯科でこれらの写真を比較して、「変わっていないね。」と。
改めてみてみると、確かに。
この写真を見る限り、出っ歯に関してはほぼ効果が出ていません。



矯正は、個人差があります。
同じ歯科で、それぞれに合わせた矯正をしてきているはずですが、結果はこれだけ違っています。


支払ったお金も、実は同じように型を取ったりワイヤーを調整したりしている(と思われる)のですが、兄弟によって請求されたりされ無かったり。
自主診療、わかりにくいですね。


ということで、ざっと我が家の5年半の矯正を振り返ってみました。
お友達ママの話では、ダウン症は歯周病になりやすいということや、根っこが短いので矯正は薦めない、という歯科も有るようです。


ご参考になれば幸いです。


Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村




こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。



昨日に引き続き子ども達の矯正のお話しを。



ダウン症児の矯正が保険適用になるかならないか、ということから始まった今回の専門医探し。



まず、同じように同じ予防歯科に通ってきていたダウンママの情報では、やっぱり「保険診療ができるところ(医院)とできないところがあるらしい」、ということ。

そのお友達は、別の歯科に掛かることにした、といっていました。



厚労省のHPやら歯科学会やらのサイトを巡って。
どうやら「(矯正の)保険診療ができる医師は限られている」という事実は間違いないようで。
そして、矯正についても、歯科医師免許を持っていれば認定医で無くても「矯正歯科」を標榜できるという事実。
子どもの矯正が保険適用になるかならないかは、その判断ができる歯科に行く必要がある訳です。

≪ご参考まで≫
矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とはー日本矯正歯科学会
日本障害者歯科学会ー認定医のいる施設



いろいろ当たっているうちに、実は歯科に関する学会、ものすごく多いことを発見。
「歯科矯正に関してその技術はブラックボックス」なんて表現もどこかの学会のサイト(?)で見つけてしまいました。



知らなかった。



で、改めて今まで10年以上お世話になった医院を調べてみると、確かに該当しない。
保険診療できる資格が無かったのです。(というか、矯正についても専門では無い)
確かに、毎週金曜日に矯正の先生が来る、とは聞いていました。
若いインターンみたいな先生ですが、最初の頃はなるべく金曜日に予約を取っていたのですが子どもが中学に入ると金曜日はほぼ無理、というか診療時間内に行くことすら難しくなってきていました。
いきおい土曜日など、他の曜日にいつものオーナー先生に調整して頂く、ということになっていたわけで。





そこで、上記サイトの中から通えそうな医療機関をピックアップして「セカンドオピニオン」として相談に行ってきたわけです。



その結果・・・。


DSC_0018


嵌まっていたワイヤー外しました
↑これは次男の。

さしあたり、次男の場合「本人が美観を気にするので無いならば、矯正しなくてもいいだろう」とのこと。
かなり出っ歯なのですが、歯並び自体はきれいで、もし歯を納めるのならば抜歯が必要とのこと。
芸能人でもないし、歯を抜いてまで美しい口元にする理由は今は見当たりません。



よかった。
これで矯正から解放されました。
お金も掛からないし~(*´∇`*)



そして長男。
長男も上下ワイヤーを外しました。


でも理由がちょっと違っていて。


長男の場合、年末に上あごに付いていたワイヤーが破損し、そのまま放置してしまったために上下の歯のかみ合わせがずれてしまっていました。


つまり、下顎のワイヤーは歯を外側へ押し出し続けているのに、上あごにはそういった力が加わっていないので下の歯だけ外側にずれていたのでした。


危ないところでした。
噛み合わせが悪化するところでした。
(食事の時、ちょっと変な噛み方しているな、とはうすうす気付いてました。私の怠慢ですf^^;)



なので、長男の場合、下顎のワイヤーを外すことで外へ押されていた力を無くして歯が元の内側へ戻ってくるのを待つ。
それからかみ合わせを見ていく、ということになりました。



でも、実は問題はそこでは無く。
一番危惧する必要があるのは歯周病だったのです。



こちらの歯医者さんでは、「ダウン症のお子さんは、矯正よりも歯周病のコントロールの方が重要」とのことでした。



いやいや、知らないって事は怖い。


今後はこちらの歯科に転院することに致しました。


因みに料金の方ですが・・・。
問題なく保険診療でした。




今まで払ってしまった費用は戻ってこないけれど、これから掛かるはずのン十万円はかからずに済みそうです。








Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



最後まで読んでくださりありがとうございます。

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


昨日、矯正専門の歯科に子ども達を連れて行きました。

初めての診察です。
といっても、目的は専門医にセカンドオピニオンを聞きに行く、というもの。


息子達、2012年から矯正を始めていました。
赤ちゃんの頃からお世話になっている地元のプラークコントロールに力を入れている歯科でです。


矯正の種類は、ブラケットといういわゆる歯の表側にワイヤーを付けるものでは無く、歯の内側に装着してあごの成長を促す、というタイプの矯正です。

↓これは一番初めの頃の装具で、寝るときに上あごにはめるもの。
6167478a.jpg


かれこれ5年半ほど経ち、そろそろ第二段階のブラケットに進む時期になってきていました。
つまり、ここで再びン十万円が必要になる・・・というタイミングですね、しかも二人分 (;´Д`)



ところで、長男が定期的に通っている遺伝科の医師から「ダウン症の矯正は保険適用になる」という話を聞いたのは、およそ2年前。


えーっ?!



そのずっと前から自費診療でやっています。



今までお世話になってきた歯科は、お子さんがダウン症を持ってらしたりして私たちダウン症児の親にとっては先輩保護者として、同じ療育施設や学校や・・・結構信頼していたところです。
息子達が虫歯無しで今まで来れたのもこちらのご指導のおかげ。


それで、当該歯科に聞いてみたところ。
うちは自由診療です。」と。
日を改めて聞いても
保険適用はできません。」と。



でも、理由ははっきり教えて頂けなくて、もやもやしたまま時が経ち・・・。



そして前回の診察(去年の10月)ではついに、「そろそろ第一段階(あごを大きくする段階)は終わって、次回からは型を取って第二段階に進みます。」(次男の方)
長男も遅かれ早かれ同じです。



これは、次の予約までに早急に調べねば。


と、思っていたら、長男が体調を崩して予約をキャンセル。
次回予約はあとで連絡します・・・なんて言っておきながら3ヶ月近く放置してしまったわけで f^^;)


その間、年末に長男の上あごに嵌まっていたワイヤーが折れたりしていて・・・。(過去記事



年末年始があっという間に過ぎて、ついに!
通っていた歯科から予約を取れとの催促電話が入り。


出ていくお金顔金田だけに、私としても唯々諾々と従っている状態では無く、慌てて調べてい件の歯科に初めて行ってきたわけです。



ということで、ちょっとここからも長いので明日にさせてください。




Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村




こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。



先週一週間学校、学校を休んだ長男。
昨日、久しぶりに過去記事読んで、一年経っても進歩してない長男を発見(;´Д`)



実は今回の風邪も、きっかけは手洗いを無視したから。
我が家の洗面所、もちろん温水が出てくるのですが、あれって温水が出てくるまで暫く時間が掛かりますよね?
で、それを待てない長男。
冷たい水にチャっと手を濡らしておしまい。
何度言っても、言えばいうほど逆効果の思春期、去年と変わらず、です。


で。


先日の記事ではインフルエンザも溶連菌も陰性で、楽観視していた私なのですが。


実際は、まるまる一週間学校を休みました( ̄▽ ̄;)



発熱の推移は、前回の記事にも記載したとおり、初めは夕方になると上がる熱のパターン。
成長したせいですかね、抵抗力が付いたのか、平熱に近い微熱(36℃後半~37℃半ば)だし、行動は普段とあまり変わらず。
兄弟で欅坂46のダンス踊っているくらい。


ただ、咳が出ているのとすごい鼻声(はなづまり)なので、「念のため」月曜日はお休みしました。


火曜日、この日の朝の長男。
「オレはまだ喉が痛いから休む」と自己申告。


本当は登校できる体力はあるけれど「起きたくないし学校を休みたい」ので、という演技がバレバレな様子。
ただ、学校に電話するとうちの子含めて6人が欠席。
咳がひどい一方で咳エチケットは守れない可能性がある長男と、感染を気にしない支援学級のお友達、という環境を考えて、他のお子さんに移す可能性を捨てきれないのでお休みにしました。



ところが水曜日。
まだ咳がひどいので学校に連絡したら、インフルエンザB 型のお子さんが4人出ているとのこと。
「体力が戻らないうちに登校すると罹患する可能性がある」という先生のお言葉もあってこの日もお休みに。


ところで、先日発表したスネイリーズの新商品、「セミオーダーの体操服入れ」
有り難いことに早速二件ご注文を頂きました。


そこで、追加の生地を買いに行く必要が。


月曜、火曜と長男の体調を見て買い出しを控えていましたが、製作時間も考えると水曜日には生地を調達したい。
ということで、買い物に出かけることに。
月曜日にセミナーがあってお留守番をしていて貰ったので、今回もそのつもりだったところ、珍しく一緒に行きたい、と。
月曜日寂しかったのかな、と思い、また、前日までそこそこ元気だったので、つい買い物につきあわせてしまいました。


ところが。


買い物中にふと気がついたら様子が変。
明らかに前日とは違って寡黙。
普段ならコーラが飲みたいだのってリクエストする外食のお昼にも、メニューを決めるのすら面倒くさいという風情。


気温も低いし月曜日に降った雪は残っているし、ちょっとまずかったかな、と思い早々に家に戻りました。


いつも寄りたがる書店もスルーだなんて絶対おかしい。


家についてからはしゃべらない、動かない、のぐったりモード。
正直今回は、寒い中連れ出したのが失敗したと反省&後悔しました。



今思えば、私から離れたくなかった時点で体調下降気味だったようです。



そして。



夕方から微熱再び。



翌木曜日は朝から37℃台に発熱。



朝からの発熱は、数日前のパターンとは明らかに違っています。
クリニックに連れて行こうとしたものの、木曜日はあいにくお休み。
かといって、救急に掛かるほどの熱でも無いのでしかたなく自宅で静養。



結局金曜日も学校をお休みしてクリニックに再診。
熱の経緯を話したものの、金曜日朝の時点では平熱。
最終的には微熱だったこともあり、今更再びインフルエンザの検査しても・・・ということで抗ウイルス剤は出ないでクラリスが処方されました。



当の長男、金曜日は一日中ほとんどお喋りも出ず、食欲も無し。
午後には自主的に横になって2時間ほど爆睡。


こんなこと生まれてから今までありませんでした。
だいたい38.5℃の熱までは普段と変わらず元気なのが我が家の息子達。
それなのに今回は微熱なのに横になって寝るなんて。
あきらかに ヘン。



こうなってくると、やっぱり怪しい。



同じクラスの、ほぼ同じ時期からお休みしているお友達のママにLINE。
赤ちゃんの頃から一緒に療育に通った仲のお友達です。
聞いてみたら、あちらはインフル。
学校でお休みしている6人中4人がB 型インフルエンザとのこと。
タミフルが処方されたそうですが、服用が終わったのにまだ微熱が続いてるそうな。
だらだらとした熱。
長男の後半の症状は似ています。
検査をしていないからはっきりしないだけ。
絶対に怪しいよね~なんて話(LINE)をして。


そんなこんなで夕方やっと昼寝から覚めた長男。
醒めてからは峠を越えたようで、いきなり普段の様子に戻ってました。
お喋りも出るし、反応もしっかり、食欲も出てきました。


取りあえず峠は越えたようで、土日もゆっくり家で過ごし・・・。


結局、丸一週間お休み。



こんなこと長男の人生始まって以来の出来事でした。
それからほぼ一週間経った今でもまだ鼻水と咳が何となく残っている状態です。


今年のインフルエンザ、あまり熱は出ないようですが(B型だからかな?)回復には時間が掛かるようです。

まだまだ猛威を振るっているようです。
みなさまもくれぐれもお気を付けください。




宣伝(*^^*)
セミオーダーの体操服入れ



Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村









こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ユニバーサルデザインの通園・通学グッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


3月6日発売の『momo』4月号にスネイリーズの「脳を育てるあづま袋」が掲載されました。
image

「momo×Information」コーナー(P140)で、新柄3種類(ハリネズミ、ピンクペンギン*、ブラックサイン*)が紹介されています。
あづま袋ハリネズミピンク正面

そして、なんと今回は!!

人気のおにぎり柄3種類(やまぶき・あおみどり・きなり)を読者プレゼント!!

これはチャンス!!
是非巻末読者プレゼントコーナーもチェックしてみてください。
そして、よろしかったら応募してみてくださいね!

 
「momo」の詳しい情報は、ホームページからどうぞ。


*: ごめんなさい。 ただ今、ピンクペンギンとブラックサインは生地の入荷切れで欠品しております。仕入れでき次第製作予定です。

Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/
↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



 

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


バタバタしていて、気がついたら師走も半ば。
そして、巷ではインフルエンザが流行期に入り、地元近隣の幼稚園・保育園では胃腸炎も大流行な様です。
次男が通う小学校も、低学年は胃腸炎がかなり流行っている様子。
ですが、さすがに高学年ともなると抵抗力があるせいか嘔吐まではいかない様です。
とは言え、菌やウイルスは身近にいることに違いは無く。
未だに息子達には学校から帰ってきたら手洗い・うがいをするようしつこく声掛けはしています。

ただね、次男はまだしも、反抗期の中学生(長男)ともなると親のいうことは素直には聞きません。
「敢えて」無視したがりますね・・・
これで風邪を引いたら自業自得、といった感じの我が家です。

この時期、小さいお子さんがいるお家では、気が休まりませんよね。
なるべく菌やウイルスに触れる機会を減らしたいところですが、クリスマス会など子どものイベントがあるのもこの時期の特徴。

息子達がまだ2歳頃までかなぁ、特にベビーカーでの外出には風邪予防におしゃぶりを口に入れていました。
口がふさがっていることで汚れた指を口に入れずに済みますし、口の中が常に唾液で潤っていることで細菌やウイルスの繁殖が抑えられると考えたからです。

もっとも、ダウン症の赤ちゃんは舌が大きめなのと唇を閉じる力が少ないのでおしゃぶりを入れてもすぐに出てきてしまいます。
私の周りでもそれであきらめてしまうお母さん、多かったです。

実際、長男も初めはポロっと出てしまっていました。
いくつかの形を試してみたら、昔ながらの形(つまり安価な)方なら口に含んでいられました。
残念ながらヌークは、ほ乳瓶もそうでしたがどうしても口から出てきてしまっていましたね~。(当時はわからなかったのですが、口腔内の形が健常児とは違っているからでした。この件はまた今度書きますね。)



この形でも、始めはぽろっと出てきてしまっていました。
それで、どうしたかというと。
私は、口にあるおしゃぶりが出てこないように、長男自信の手でおしゃぶりを押さえておくように誘導しました。
上手にしゃぶれなかっただけで、本心はおしゃぶりをしたいのですよね。
一度教えただけで、それからは自分で手を添えておしゃぶりが落ちないようにするようになりました。(そのうちに力がついて手で押さえなくても平気になりました。)


おしゃぶりが口に入っている間、赤ちゃんは本能的にチュパチュパしますよね。
これが意外と口の訓練になります。
今思えば、ダウン症持ちにしては割と滑舌が良い方の息子、知らず知らずのうちに口腔機能の向上もできた気がします。



Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/
↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 



こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
ダウン症児のためのお助けグッズ「スネイリーズ」オーナーのふくだです。



かねてよりInstagramやFacebookで ちょこちょこ写真をアップさせて頂いていた、お弁当包み用のあづま袋。
お待たせいたしました!
遅くなりましたが、販売を開始致しました!

BlogPaint


実は、販売し直後にお得意様からのご注文を頂きました(*^^*)
あまりの早さにこちらがびっくり!
とても嬉しくて、励みになって、そして販売できて良かったです。

と、同時に。
お待たせしてしまっていた自分のふがいなさも反省しましたf^^;)

このあづま袋。
名付けて「脳を育てるあづま袋」

ひも結びって、指を使いますよね。
指を使うことは脳への刺激にもなります。

実はこのあづま袋。
その辺のあづま袋とは違います!

なぜなら指使いが苦手な子どもでも楽に結べるように工夫したから。

基本のあづま袋だと元が四辺形の布なのでどうしても結ぶ部分が短く、そして結び目近くになればなるほど幅があります。
つまり、①指先の短い布をくるりとまとめる器用さと②布をぎゅっとまとめる指の力が必要。

でも、ダウン症持ちの子どもは
①指使いがおぼつかない 更に ②指の力が弱い
ハードルが高すぎて、結ぼうとする意欲を失いかねません。

私たち親には簡単そうに見えますが、小さいお子さんにとって指に力を入れるのは至難の業。
私は、ダウン症持ちの子どもは脳と筋肉の神経伝達スピードもゆっくりな気がしています。(あくまでも個人の感想ですが)
どんなに本人が意識しても身体が思う様に動いてくれないのでは?
と長男の子育てをしながら感じています。

だから。

新たにパターン(型紙)を起こして製作しました。
あづま袋(お弁当)青平面

①結ぶ部分の布を延長

そして緩やかにカーブを描くように結ぶ部分の布を立ち上げたので
②結び目近くでもそれほど布幅が無い


これが
「脳を育てるあづま袋」がすごいところ ←自画自賛(^^;)

毎日のお弁当、楽しみながら、包みを開けたりお片付けしたり。
ちょっとした積み重ねが、実はとても大事です。
指を使って、同時に脳も育てて。
ちょっと欲張りなあづま袋です。
(スペックは一番下またはこちら

ゆっくりだけど、着実に前に進んで欲しい。

そんな気持ちを込めています。


最後に、この場を借りて。
moeさん、ご購入ありがとうございました 


そして。
実はこの商品から新たに2名の作家さんが製作に加わってくださっています。
これから出展するオレンジリボンママフェスタに向けて、現在急ピッチで作業をお願いしているところです。
作家さんのテイストも加味されているスネイリーズの商品。
これから3人それぞれのカラーが出てくるかも?



最後まで読んで頂きありがとうございます。


 Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/

↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村




続きを読む

こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
来月のオレンジリボンママフェスタ出展に向けて、準備に、打ち合わせに、毎日バタバタしているふくだです。

Moldiv_1477486609336

ちょっと時間が空いてしまいましたが、先日「臨床動作法」というもののお試し体験に長男(ダウン症持ち)と行って参りました。

今日はそのお話を。

縁あって今年お知り合いになった、同じダウン症持ちの男の子(小学校6年生)のお母さんからご紹介を受けて飯嶋正博先生の動作訓練法にご一緒させて頂きました。


臨床動作法とは、Wikipedia他ネット情報によると、「鳴瀬悟策博士によって考案された催眠訓練法で、身体の慢性的な緊張に気付き、リラックスする暗示をかけることにより本来の動作感覚を取り戻すこと・・・」のようです。


当日、その場にいたのはダウン症を持ったお子さんばかりで、私達が参加した時間は小学校中学年以上の部でした。

飯嶋先生が、お子さん一人ひとりを順番に診て、過度に緊張している筋肉から力を抜くように指導されたり、発声練習をしたり、はたまた筋トレのアドバイスも。
端から見ていると、PTのような、OTだったりSTだったり。
またはストレッチのような・・・それこそお子さん一人ひとり、抱えている問題部分が違うのでそれに併せて様々なアプローチをされていました。


で、息子。


始めに私が気になるところを先生にお話しします。
今一番気になっているのは内反足。いわゆる内股です。

普段から内股ですが、関節が柔らかいせいか冒頭の写真のように超がつくほど内股が可能。(写真は数年前のものです)
実は歩き始めの頃は内股ではありませんでした。
でも、年齢が上がるにつれて内股になり、最近では成長に伴って身体が硬くなったせいか膝が伸びない歩き方になってきていました。
内股歩きなので歩幅も小さく、加えて猫背にもなってきていました。

これからどんどん身体が硬くなってくることを考えると身体に良いはずはなく、不安は増すばかり。
本人に注意しても治す気もなく・・・。
と、以上のようなことを先生に訴えました。


実は、この夏にも定期検査をしている整形外科で相談したのですが、「骨に異常があるわけではないので心配いらないんじゃないかな。」と。
それでも食い下がって理学療法士による判断もお願いしたのですが、結果はほぼ同じ、「本人が気をつければ治るんじゃないか。」といわれ、期待外れの結果に終わっていました。
*理学療法士さんではわからない、という意味ではありません。
こちらの病院はどちらかというと重度の身体障害の方が多い病院なので、そちらと比べると歩いたり走ったりできる長男は「問題ない範疇に入る」という意味だと思います。
また、理学療法士さんによっては筋肉の硬直度を見て改善点を見いだせる方もいらっしゃいます。


それが、飯嶋先生の場合は・・・。


と、引き延ばして申し訳ないですが、長いので続きはまた明日に。



最後まで読んでくださりありがとうございます。


 
Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/

↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
 

 

↑このページのトップヘ

人気ブログランキング