こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


先週、学校に行きたくない病が発症した長男に「親子通学で乗り切る!」と意気込んだ私。

金曜日はちょっと予定が入っていたので、行きは一緒に登校、「帰りは自分で電車で帰っていいよ。」ということにしました。

そうそう、朝(といっても9時は過ぎていた・・・記憶は曖昧)、家を出る前から「休む」「学校行きたくない」と何度も何度も言っていた長男。

それでも、「制服着て」で素直に着るし、一緒に歩いて登校はできるし。
で。
安心していました。


はい。
長男、彼なりの抵抗、ストレスリリース?してくれました

担任からの連絡帳に記載されていたこと。
「4時間目終了後、学校から出ようとする姿を主事さんが見つけて連れ戻してくれました。」


そして。
下校時間に私がGPSでチェックすると何故か通学ルートとは違う地下鉄の駅。
学校の最寄り駅から定期を使って帰ってくるのとは反対方向の駅。
とは言え、我が家から学校までのルートとしては、こちらのルートもあり。(ただ、定期が違うルートなだけ)
その後の様子を見ていると、しっかり乗り換えて戻ってきました。
時間的にも寄り道せず帰ってきた模様。

私がこちらのルートを通学に使わなかったのは、私鉄からメトロへの乗り換えに少し歩くから。
今のルートも乗り換えが有り、駅から駅へ歩くのですが駅同士が向き合っているので乗り換えしやすいから。

なので、まぁ、どちらのルートでもいいのですが、今回は学校に届けたルートではなく、しかもチャージしたお金を使ってきて帰ってきてしまったところが「指導」に該当してしまいます。
私個人としては、しっかりと教えたわけでもないのによく乗り換えられたもんだ、という感じ(何度か使ったことはありますが)


ということで。
まぁ、本当にその日は学校に行きたくなくて、何か発散したかったのだな、と思った次第です。


それから次の日。
つまり土曜日なんですが、その日の午後から長男発熱。


「ほら、お母さんのいうこと聞かずに薄着してるから~!」なんていっていたのですが、夜になるに連れ上がる上がる!
最終的に39.7℃。
これ、うちの子ども達にしちゃ前代未聞に近い高熱です。


それが、そうこうするうちに40℃を超えてしまってそのまま月曜日まで苦しみました
咳も結構出て、咳(痰)が出せずに戻してしまうこと二回。

話がそれてしまいますが、日曜夜に解熱剤を使ったところ、直ぐに36.5℃まで下がって楽に就寝。
と、思ったものの、夜中薬が切れる頃にものすごい悪寒がおそってきて、歯がガチガチ鳴る音で私が起きるほどになってしまいました 
我が家では小さい頃から解熱剤を使ったことがないので効き過ぎてしまったようです。(赤ちゃんの時に使って効き過ぎたので、以来使ったのは一度だけ。今回が人生3回目の解熱剤です。)
特に長男は効きやすいようで、これは逆に身体にダメージを与えてしまうらしいです。


さて、月曜日に受診したところ、インフルエンザでもなく、溶連菌でもない。
ま、原因不明のまま、マイコプラズマにも効く抗生物質が処方され今に至っています。
(もう、この受診も大変!高熱で歩けなくて時々しゃがんでしまう長男。
ほぼ私と同じ背丈の無精ひげ伸びた中学生の肩を担ぐようにして歩いてクリニックを往復。
徒歩15分のクリニックまで倍くらい時間掛かってしまいました。・・・車がないので


ところで、ちょっと熱が下がってテレビなんか観ている長男に「学校を風邪で休みたいから薄着していたんじゃないの?」と聞いてみたら「うん。」といっていました
「熱で辛かったでしょ?」「うん。」


なんか、そういう気がしていましたが・・・本当に「学校に行かなくて済む理由」を探していたようです。


そして昨日の話。
ほぼ平熱(夜には微熱が出てしまったけど)の長男に、「明日か明後日は学校行こうね。」といってみたら。

「行きたくねーよ!!」
「学校燃やす!!」と。(マジか!)


ということで、脈絡の無い内容になってしまっていますが、長男の登校拒否の思い、これは安易に考えない方がいいかも・・・と思い始めているところです。
ーーー通学経路だけが問題とは思えない。いったい学校で何があった?


Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/


↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村