今週末、開催のオンライントークイベント。私が「きょうだいのいる保護者の方」に聞いて欲しい訳。

image



息子がまだ小さい時、利用していた療育園で開催された保護者のための勉強会に「きょうだいの気持ち」として5〜6人の大人のきょうだいの方のお話を聴く機会がありました。


それは、親である私にとってとてもショックで辛い経験ともなりました。

なぜなら、「あなたは(障がいのある)兄弟のことを気にしなくていいのよ」と言われた方も「親が死んだら〇〇ちゃんのこと面倒見てね」と言われた方も、共に傷ついていたから。48歳くらい(だったと記憶しています)の大人の男の方が、自分の心うちを親に打ち明けられない苦しさを(小さい頃から大人になる当時の時点でも)ずっとずっと抱えて生きていること(私には親を恨んでいるように感じました)


だからこそ、親からだけの「思い込み」できょうだいの気持ちを計る怖さがあります。

今回の講座は、障害を持つ子どもの親全てに聴いてもらいたい、と思います。

きょうだいという立場の誰かの人生を悲しいものにしないために。

そして、親は我が子はみんなかわいいと、大事だと思っていることを伝えるために。


どうしてもきょうだいに犠牲になってもらわざるを得ない場面は多々あるからこそ、その胸の内を理解するチャンスは逃しては行けない気がするのです。

(Facebookにあげた文章そのままで失礼します。)


ツナガリウィークエンドとして毎週日曜日に開催してきたオンラインイベントの最後を飾るのは、アメリカ(いや、世界で)ダウン症候群の専門医として著名なブライアン医師の講座です。


イベントはこちら↓↓↓





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。


ダウン症児育児ランキング
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ
にほんブログ村